闇金が支払いを完済させない理由とは?

闇金が完済させない
グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金への「支払いを完済したい」「関係を絶ちたい」と考えている利用者の中には、相手にいろいろな理由をつけられて完済できずに困っているケースは非常に多くなっています。

なぜ、このように闇金に完済できないのかを詳しく説明します。

闇金は超高金利で完済は難しい

そもそも闇金に完済したいと考えても超高金利のため実際にできる人は少ないというのが実情です。闇金はトサン、トゴという法外な金利が当たり前です。

例えば、3万円借りたとしてトゴの場合、手数料3,000円、初回利息1.5万円が引かれて1,2万円しか手元に残りません。しかし、完済するためには10日後に元本と利息を合わせて4.5万円を用意しなくてはなりません。

お金に困っている利用者がこのようなお金を短期間で用意するのは困難だと言えるでしょう。

仮に10日後に利息だけの支払いができたとしても、その後は複利計算により支払額はどんどん膨れ上がります。

このように超高金利の闇金に完済することは難しいため、絶対に利用してはいけないということが言えます。

闇金は完済させたくない

実は闇金も利用者が、すぐに完済することを望んでいません。闇金にとって利用者はカモであり、支払い能力があるうちは長期間に渡って利息だけを支払わせたいと考え

闇金にとっては1人の利用者を集めるためには大きなコストが必要です。名簿購入、ダイレクトメール費用、SNSやメールでの勧誘、というように手間とコストをかけて集客します。

そのため、利用者に完済させるわけにはいかないという闇金側の事情があります。

闇金が完済させない手口

もしも、利用者がお金を調達して完済しようとしても、闇金はそれに応じようとしません。闇金が利用者に完済させないための手口には以下のようなものがあります。

連絡が取れなくなる

通常、闇金は支払日の前日・当日には前日連絡・当日連絡をすることを求められます。しかし、完済をしたい利用者からの電話には出ないことがあります。

連絡をもらっていない以上、「完済することは認めない…」というように応じません。

ジャンプを勧めてくる

支払い能力がある利用者に対しては、「今回は利息の支払いだけで良い…」「完済を急ぐ必要はない…」「実績をつくっておいた方が次回利用時に得だ…」などと、ジャンプ(利息だけの支払い)を勧めます。

闇金はこのように利用者に何度もジャンプをさせて法外な利息を支払わせて利益を得ます。

理由をつけて完済させない

闇金は完済しようとする利用者に対して何かと理由をつけて完済させません。例えば、「完済するには手続きや手数料が発生する」というように利用者が支払えないような法外な追加料金を支払わせようとします。

また、「勝手にお金を振り込む」というように押し貸しをして逃げられないようにするのも常套手段です。さらには甘い言葉で「低金利で貸すから借金を一本化しないか…」というように囲い込もうとします。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

完済後に起こるリスクとは

もしも運良く完済できても、闇金は潜在利用者を放っては起きません。一度借入れをしてしまったら、完済後には様々なリスクがあることを覚悟する必要があります。

例)

・個人情報が系列の闇金に共有されて、しつこい勧誘が来る
・「利息が発生していたので支払え」との連絡が来る
・借りてもいないのに返済しろと連絡が来る
・闇金から頻繁に「お金を借りろ!」と連絡が来る
・借りなければ嫌がらせが止まない

司法書士に依頼してきれいさっぱり関係を断つこと

闇金は利用者に支払い能力がある限り徹底的に追いかけてきます。第一に完済させようとしませんし、仮に完済できても完全に関係を断つことは困難です。

しかし、司法書士・弁護士のような法律の専門家に依頼すればきれいさっぱりと関係を断つことができます。専門家は利用者から依頼を受けた後は、すぐに取立てや連絡をストップさせます。

そして、もしも解決後に連絡をしてくるようならば、「法的措置(裁判)」「警察との連携による捜査」など、あらゆる手段を講じます。闇金にとっては利用者に連絡をすることで逮捕のリスクが生じますので、大抵の場合、諦めて連絡してこなくなります。

警察は民事事件の色が濃い案件は動きが鈍いのが特徴です。このような闇金とのトラブルは司法書士のような法律の専門家に依頼して解決を図るのが確実でスピーディーと言えます。

まとめ

闇金は一度でもお金を借りてしまうと、その利用者から徹底的にお金を搾り取ろうとします。そのため、完済させないために様々な手口を用います。このような悪質な闇金とはできるかぎり早く取引を止めないと様々なトラブルに巻き込まれることになります。

闇金に強い司法書士に相談してできる限り早く問題を解決しましょう。

タイトルとURLをコピーしました