知人・家族に勝手に闇金に保証人された場合はどうすればいい?取立てへの対処法も併せて解説

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金は債務者が「支払いをできない…」「飛んでしまった…」という場合には保証人に肩代わりをさせようとします。そのため、家族や知人などから勝手に闇金の保証人にされてお困りの方は多いと思います。

そこでこの記事では、闇金の保証人にされて取立てに遭っている場合の注意点・対処法についてご説明します。

保証人とは

保証人とは、融資を受けた債務者が返済をできなくなった際に代わりに債権者に返済する義務を持つ人のことです。例えば、債務者が「何らかの事情で支払えない」「夜逃げした」というような場合、支払い義務は保証人に移ります。

保証人は債権者に対して、まずは債務者への請求を優先してほしいという訴えをすることができます。(催告の抗弁権)しかし、これが「連帯保証人」になると、債務者と同等の責任を負わされます。つまり、連帯保証人は債務者に変わって支払わなくてはなりません。

闇金は申込時に近親者の個人情報を提出させる

闇金は借入れ申込み時に必ず本人以外の親しい関係の人の個人情報を提出させます。その際、親や兄弟姉妹だけでなく、友人・知人の名前・住所・勤務先なども書かせます。

これは、利用者に支払いができなくなった際にその近親者に取立てをするためです。いわば、人的な担保のようなものです。

一般の貸金業者は融資の際に保証人に署名・捺印を求めるケースが多くなっています。保証人が同意をすることで貸し付けをするわけですが、闇金は保証人に同意などは求めません。

そのため、利用者が近親者の名前を申込時に勝手に書くことで、保証人になった人がトラブルに見舞われる事例が跡を絶ちません。

闇金の借金は保証人として支払う必要はない

闇金は利用者が支払えなくなると「保証人だからお金を払うのは当然だ!」と近親者に対して厳しい取立てを必ず行います。しかし、保証人として名前が書かれているからといって支払う必要はありません。

そもそも、闇金は違法貸金業者ですので、利用者と闇金との間には契約というものは成立していないのです。したがって、保証人として申込書に名が連なっていたとしても、契約は無効ですので保証人には該当しません。

ですので、闇金に「保証人だから肩代わりしろ」と言われても一切支払う必要はありません。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

勝手に保証人にされたことで起こるトラブルとは

家族や友人に勝手に保証人にされたことで、様々なトラブルに見舞われる可能性があります。

しつこい電話が来る

闇金から“鬼電”と言われるようなしつこい電話がかかってくる可能性があります。電話に出て対応をしてしまうと、さらにしつこく連絡してきますので、できるだけ出ないに限ります。

職場や近所に電話がかかってくる

悪質な闇金の場合、保証人の携帯への電話だけでなく職場や近所にまで電話をかけてきます。会社迷惑や近所迷惑を嫌がる保証人にお金を支払わせるためには、このような嫌がらせを日常的に行います。

他の闇金に個人情報が流れる

闇金の中には系列と言われるような何店舗も運営しているグループがあります。保証人の個人情報がそれら業者間で共有されるため、様々な闇金から電話・メールが来るようになります。

闇金に取立て・嫌がらせを受けたときの対処法

闇金から取立て・嫌がらせがあったら、適切かつ迅速な対応が必要です。被害をできるだけ少なくしましょう。

無視しても問題ない

電話がかかってきたり、メールが送られてきても基本は無視して問題ありません。闇金は連絡したことで、相手がどのような対応をするかを見ています。無視していれば、連絡は止む可能性があります。

悪質な取立てがあるなら警察に相談

逆に闇金からの取立てがエスカレートするようならば、警察に相談することをオススメします。その際は、着信履歴や留守電などの情報を持参の上、相談しましょう。

警察は悪質かつ事件性があると判断すれば捜査に動いてくれるかもしれません。

闇金に借りてしまったら司法書士・弁護士に相談

もしも「保証人だから仕払うのはやむを得ない…」ということで、肩代わりに支払った場合は要注意です。闇金は“カモ”だと認識します。何かにつけて支払いを請求してきたり、追い貸しをしてきます。

もしも、「闇金に借りた」「支払いをしてしまった」「取立てに悩んでいる」という場合、司法書士・弁護士に依頼してすぐに取引を止めてもらうのが良いでしょう。できるだけ早く解決するためには法律の専門家に交渉役を依頼するのが最適です。

まとめ

知らない闇金から「保証人だから代わりに支払え…」と脅されても決して応じてはいけません。

闇金に保証人扱いをされても決して「対応しない」「支払わない」「借りない」という対応が求められます。

タイトルとURLをコピーしました