ソフト闇金には優良店ってあるの?

金融ブラックや総量規制などの理由から、一般の金融機関から借入れができなくなると、お金を貸してくれる相手なら誰でもいいと考えてしまいがちです。

ソフト闇金なら対応が親切そうだし、「中には優良店があるのでは?」と思う方は少なくありません。結論から言うとソフト闇金に優良店はありません。この記事で詳しくご説明します。

ソフト闇金とは

ソフト闇金とは、親切な対応を装い利用者を安心させて貸し付けをおこなう新手の闇金業者です。

かつての闇金は今よりも暴力的で「厳しい取立て」「恫喝や嫌がらせ」をおこない利用者を追い込んでいました。そのような悪質な手口が社会問題になったため、国は平成15年にヤミ金融対策法という法律を施行して取り締まりを強化しました。

このように厳しくなった警察の取り締まりを回避するために生まれたのが「ソフト闇金」です。対応は親切を装い、利用者を追い込まずに、利息を長期間にわたって搾り取るのがソフト闇金の手口です。

優良店を装うソフト闇金の手口

ソフト闇金はホームページやSNSを活用して巧妙に安心・信用性を宣伝します。そのため、ソフト闇金の中には「優良店があるのでは?」と錯覚してしまうようです。

その悪質な手口を見ていきましょう。

「審査が甘い」ことをメリットにする

ソフト闇金は審査が甘いというメリットをことさらに強調します。中には「審査なし」を謳う業者もあります。

ソフト闇金から借りる人の多くは、一般金融、街金などから借入れができないケースが多いので、審査が甘いというのは確かに大きなメリットです。

しかし、実際には職業、収入、などを聞いた後に返済能力に疑問があるような人には1万円,2万円という小口融資しかしません。

「低金利」を謳う

ソフト闇金のホームページを比較してみると、その業者の多くは「トサン(10日で3割)」の金利を採用しています。2万円借りて、10日後には6千円の利息が発生する計算です。

トゴ(10日5割)、トジュウ(10日で10割)の金利に比べれば金利は低いものの、一般金融(年利20%以内)に比べるといかに法外な金利であるかがわかります。

「先引きなし」を強調する

ソフト闇金の中には「一切取立てはしないので安心してご利用できます!」というような宣伝文句で安心させる業者があります。

しかし、闇金からの連絡を無視したり、支払いが遅れると態度が豹変するケースがあります。前言撤回とばかりにしつこく電話で取り立てるソフト闇金もあります。

また、電話で暴言を吐くようなことはしないものの、嫌がらせや脅しを用いる業者もいますので、安心はできません。

・何度もメールやLINEで催促する
・家族や職場に連絡をすることを匂わせる
・SNSに個人情報をばらまくと脅す

「口コミ・体験談」で信用させる

ソフト闇金のホームページには必ずと言ってよいほど、利用者の口コミ・体験談が掲載されています。そこに書かれている内容は「また利用します…」「助かりました…」「優良店でした…」というような褒め言葉ばかりです。

ソフト闇金のような超高金利で貸付けする業者に満足したという口コミを書く利用者はまずいません。それら口コミ・体験談は自作自演ですので、信用してはいけません。

ソフト闇金に優良店はない理由

ソフト闇金は違法金融業者です。以下のように法律違反をおこなって超高金利で貸し付けをおこなう業者です。

・無登録業者(金融庁、自治体に登録せずに営業)
・出資法違反(年利20%以上で貸し付け)
・取立て規制法違反(嫌がらせ、しつこいメール・電話、職場・家族への連絡など)

「ソフト闇金の中には優良店があるのでは?」と淡い期待を持つ利用者の方がいますが、借りてしまったら最後、超高金利の支払いで悩まされることになります。

いくらホームページやSNS上に良い情報が書かれていたとしてもそれを信用してはいけません。

まとめ

ソフト闇金は対応がしっかりしていると考えるのは間違いです。実体は悪質な違法金融です。もしも、借入れしてしまったら、できるだけ早期に関係を断つことが必要です。

困ったときは司法書士・弁護士に相談して早めに解決しましょう。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.
タイトルとURLをコピーしました