先引きなしのソフト闇金の危険性とは?利用してはいけない理由について解説

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

ソフト闇金の中には「先引きなし」を強調して利用者を勧誘する手口がよく使われます。

先引きなしを強調するソフト闇金のほとんどが悪質業者ですので、そこにメリットを感じて利用すると痛い目にあいます。

この記事ではソフト闇金の先引きの仕組み、勧誘の手口、利用するとどのような被害に巻き込まれるのかについてご説明します。

先引きなしとは?

闇金の先引きなしとは、借入れた金額から「利息と手数料」が差し引かれることなく受け取れることです。

例えばトサンで20,000円の借入れをした場合先引きだと11,000円しか入金されません。(手数料3,000円 + 利息6,000円が引かれる)
一方で先引きなしの場合は20,000円を受け取れます。

多くの闇金業者は貸し付けの際に「先引き」というこの支払いルールを採用していますが、まれに「先引きなし」を宣伝文句に利用者を集めるソフト闇金があります。

「先引きなしのソフト闇金なら、優良で親切な貸金業者ではないか?」と期待して借り入れをする利用者もいますが、所詮闇金であることは変わりません。

儲けることだけを考える違法貸金業者であることを理解しておく必要があります。

先引きなしを強調するソフト闇金の集客手口

一部のソフト闇金の中には「先引きなし」を謳った勧誘手口でたくさんの利用者を集めている業者があります。そのいずれの業者も巧妙に宣伝をして集客をします。

  • ホームページに先引きなしを強調する
  • LINE、Twitterを使ってアプローチする
  • FAX DMを活用して事業者を勧誘する
  • 債務者名簿を活用してダイレクトメールを送る

このように様々なツールを活用して、先引きなしを宣伝材料に使います。

「支払いが少なく利用するメリットが多い」「利用者に親切なソフト闇金業者である」といった宣伝文句に惹かれて利用する人はたくさんいますが、結果的に騙されることになります。

先引きなしのソフト闇金の悪質手口と利用してはいけない理由

「先引きなし」は手元に残るお金が多いため、闇金利用者から見るとメリットが多いと感じることでしょう。

しかし、闇金がやることですから、必ず裏があります。利用してはいけない理由に以下の点があげられます。

金利が高いケースが多い

利用者は手元に残るお金にばかり目を奪われがちですが、先引きなしのソフト闇金は金利を高くしているケースが多いです。

闇金の支払い周期は7日、10日が多くなっています。一般的に支払い周期が短いほど金利は安くなる傾向があります。

ソフト闇金の多くは金利に10日で3割や5割の利息を採用しています。しかし、先引きなしのソフト闇金は7日で3割や5割、さらにはもっと高い金利を設定している業者が多いようです。先引きをする代わりに、このように金利を高くして儲けるわけです。

利用者は「先引きがないから支払う金額が少なくなる」と思って利用しますが、支払う利息が多くなって結果的に割高になるケースがあるため要注意です。

勝手に金利を変更する、手数料を請求する

「先引きなし」という宣伝方法はあくまで利用者をたくさん集めるための釣り文句であるケースもあります。

申込み後に、「勝手に金利を高くしたり」「支払いのたびに何かと名目をつけて手数料を取る」など、悪質な方法でお金を支払わせようとする業者もいます。

長期間に渡ってお金を搾り取られる可能性が高い

先引きなしのソフト闇金の中にはことさらに親切を装おう業者があります。その親切も当然見せかけだけで、目的は利用者から長くお金を搾り取るためです。

そのようなソフト闇金は「毎回利息だけ払えばいい」とジャンプを持ちかけて、法外な利息を長期に渡って搾り取ろうとします。また、全額完済したいと申し出る利用者に対しては、何かと理由をつけて完済させないように妨害します。

親切を装うのはあくまで、利用者から長期間お金を搾取することが目的です。

厳しい取り立てに遭うかもしれない

ソフト闇金は親切な対応を売りにしていますが、それはあくまで利用者に返済能力と返済意欲がある場合です。

利用者が「他の闇金にも手を出して1円も返済できない…」「返済できないと開き直った…」「借り逃げしようとしている…」といったように、返済を拒否した場合、態度を豹変させて暴力的な取り立てをおこなうことがあります。

緊急連絡先として提出させた親・家族・友人の連絡先に取り立てをしたり、職場に嫌がらせの電話をかけてくるようになります。ソフト闇金はいつまでもソフトな対応をするわけではありません。

違法行為に巻き込まれる可能性がある

「先引きなし」は一見すると好条件に見えますので、お金に困った人からの申込みは多くなります。

ソフト闇金はその中から自分たちの言うことを聞きそうな利用者を見つけては、融資の条件に「携帯電話が必要だから郵送しろ」「銀行口座とキャッシュカードを提供しろ」などの話を持ちかけてきます。

他人に携帯電話を渡したり、銀行口座を使わせるのは違法行為になります。利用者も何らかの罰則を受ける可能性があるため、そのような要求には決して応じてはいけません。

ソフト闇金とトラブルになったらどうすればいいのか

このように先引きなしのソフト闇金は、利用者を信用させておきながら、お金を支払わせるために様々な悪質な手口を用います。

もしもソフト闇金にお金を借りて、支払いがキツい、取り立てに遭っているという場合、できるだけ早く対処する必要があります。

その際、ご自身だけで交渉して解決するのは難しいため専門家に相談することをおすすめします。その際の相談相手について説明します。

警察に相談する

闇金は違法金融ですから、警察に相談して捜査・検挙をしてもらうの一番です。

しかし、昨今のソフト闇金は「厳しい取り立てをしない」「違法融資の証拠を残さない」というように、警察の捜査対象にならないように慎重に貸し付け・取り立てをおこないます。

そうなると、刑事事件性の疑いが薄いため警察は捜査に入ってくれません。警察は民事事件は不介入が原則ですので、相談しても「ただの個人の借金問題」として扱われことがあります。

司法書士・弁護士に相談する

警察がすぐに動いてくれないケースでは司法書士・弁護士に依頼して解決を図るしか方法はありません。民事事件の示談交渉・和解交渉の代理人業務を許されている専門職が司法書士・弁護士です。

ソフト闇金とのトラブルも司法書士・弁護士に依頼すれば、すぐに相手との交渉を行ってくれます。ただし、司法書士・弁護士ならばどこでもいいという訳ではなく、闇金案件に強い事務所がおすすめです。

悪質な違法金融業者との交渉に慣れているため、迅速かつ確実に解決してくれるからです。

【法律の専門家に依頼するメリット】

  • 即日取立てが止まる
  • 親・会社にも連絡が行かないようにしてくれる
  • 強行な闇金には警察と連携して交渉することができる
  • 関係を断ち切ることができる

まとめ

お金に困っている人にとっては一銭でも手元に現金が欲しいものです。そのため、「先引きなしのソフト闇金」は利用価値が高いと考えがちです。

しかし、相手は闇金ですので、有利な条件で融資してくれると思ったところ、悪質な手口に騙されることがあります。

ソフト闇金に被害を受けたら、専門家に依頼して適切に解決しましょう。グリフィン法務事務所は闇金・違法金融問題の専門家です。お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました