闇金に借り逃げ(借りパク)するとどうなる?逃げ切れるケースと追い込まれたときの対処法

闇金に借り逃げ(借りパク)するとどうなる?逃げ切れるケースと追い込まれたときの対処法
グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金にお金を借りたけれど、支払いがきつくなって「借り逃げできないかなぁ…」と思う方は多いでしょう。しかし、実際に借り逃げしたら、闇金との間で様々なトラブルが引き起こされます。

この記事では、闇金に借り逃げをするとどうなるのか?追い込みをかけられたときの対処法についてご説明します。

闇金が利用者に借逃げされないためにすること

闇金利用者は金銭的に困窮しており、借りても返済できなかったり、借り逃げするような人もいます。そのため、闇金は貸し倒れにならないように必要以上に警戒します。

「無審査」「ブラックOK審査」などと宣伝文句を謳っているものの、実際の申込時には厳しいルールを設けています。そして、利用者が借り逃げするリスクを考えて以下のようなことをおこないます。

少額しか融資しない

闇金の中には「高額融資可能」「おまとめ一本化しませんか」などと、初回からでも高額融資ができることを強調して集客する業者があります。しかし、利用者の職業や借金額などを確認してリスクがあると判断したら少額しか融資をしません。

その場合、1万円~3万円程度の貸し付けが一般的です。もしも、初回にそれぐらいの金額しか借りられなかった人は闇金に警戒されているということです。

職場に在籍確認をする

通常、闇金が利用者の職場に電話を入れるのは支払いが滞ったときですが、融資リスクがあると判断した場合、事前に職場に在籍確認の電話を入れます。

「本当に会社で働いているか…」「仕事を辞めていないか…」という確認をした上で、貸付けをおこなうのが常です。

複数の家族や知人の連絡先を提出させる

闇金は申込時に必ず家族や知人の電話番号を提出させます。申込者に信用リスクがあると判断したら、さらに複数名の知人・親戚などの電話番号を提出させることがあります。

氏名・住所・携帯番号・職場など詳細な情報を提出させることによって、もしも支払いが滞ったら、「これらの保証人たちに連絡がいくぞ!」というプレッシャーを与えるのが目的です。また、支払いに遅延が発生すると実際に電話で取り立てもおこないます。

実際に闇金から借り逃げすることはできるのか?

闇金に借り逃げをすると、「家に押しかけてくる…」「債権回収専門の闇金が取り立てに来る…」と誰もが思うでしょう。実際にしつこく追いかけてくる闇金もいますが、すぐに回収を諦めるような業者もいます。

だからと言って、意図的に借り逃げしようとすると大きなトラブルに発展する可能性がありますので、おすすめできない方法です。

ソフト闇金は少額なら追跡しないケースがある

昨今の闇金は対面取引ではなく、SNSやメールを使って全国の利用者に融資する業者が大半となっています。携帯電話さえあれば「集客」「連絡」「取立て」ができるため、地方に拠点を置いて全国の利用者にお金を貸します。

そのため、利用者が借り逃げしたとしても少額であれば取立てを諦めることがあります。行方不明の利用者を探し回わるという無駄な時間とコストはかけたくないためです。

携帯や住所を変えることで借り逃げできる

「携帯電話を新しく変える」「住所を変える」「職場を変える」などすれば、利用者本人の追跡は難しくなるでしょう。ただし、闇金は保証人の親族・友人などに連絡して居場所を聞き出そうとしますので、それらの人から現住所が漏れる可能性はあります。

借り逃げするためには人間関係を全て断つ覚悟が必要です。

身分を隠して行方をくらませることで借り逃げできる

いわゆる夜逃げというように、身分を隠したり正体を変えて行方をくらませば、そう簡単に身元は割り出せません。ソフト闇金ならばまずは追ってこないでしょう。

しかし、少額の借金のために夜逃げしたり、身分を変えて社会生活を過ごすというのは割に合わないことです。

借り逃げをするデメリットとは?

闇金にとって借り逃げは絶対に許せない行為です。借りた本人と連絡が取れなくなると、徹底して嫌がらせや迷惑行為をおこないます。

そのため、本人や家族など関係者に様々なデメリットが生じます。

取立て・嫌がらせがエスカレートする

利用者が「電話に出ない」「支払いをしない」となると、返済を拒否したとみなして闇金は執拗に取立て・嫌がらせをします。“鬼電”と言われるようなしつこい電話をかけてきたり、頼んでもいない出前の注文を届ける、救急車を呼ぶなど、その行為はエスカレートしていきます。

このような嫌がらせは支払いをするか闇金が諦めるまで延々と続きますので、精神的に深く追い詰められることになるでしょう。

家族や知人に迷惑をかける

借りた本人が支払いをしなくなると、申し込み時に保証人として名前を書いた家族や知人に必ず連絡が行くことになります。しかも、しつこい取立て・嫌がらせがおこなわれますので、家族や知人の生活に悪影響を及ぼすでしょう。

自分だけでの問題で済まされず、保証人に大きな迷惑をかけることを理解しておかなくてはなりません。

職場にいられなくなる

闇金は利用者が支払いをしなくなると、家族の次は職場に毎日電話をするようになります。「本人を電話口に出せ…」「上司や会社が立て替えろ…」というように、しつこい取立てをします。

会社に迷惑をかけてしまい、退職せざるを得なくなるケースがあります。収入源を絶たれて、さらに経済的に苦しくなって、別の闇金にまで手を出してしまうような悪循環に陥ることになります。

怖い債権回収業者から取立てを受けるケースがある

闇金の中には自力での回収はあきらめて、債権回収業者というさらに悪質な取立て業者に債権を売ることがあります。悪質な債権回収業者はお金を回収するためには手段を選びません。

「家に訪問して取り立てる」「違法な仕事を斡旋する」「女性は風俗業を紹介される」など、大きな被害に巻き込まれる可能性があります。

意図的に借り逃げをするリスクと注意点

闇金は違法金融業者ですので、借りたお金は返済する必要はありません。違法業者からお金を借りても貸し借りの契約は成立しないためです。

だからと言って、返済する意思もなく借り逃げをしたとなると、様々な問題が生じます。

返済する気がないのに借り逃げをすると詐欺罪になる

返す気がないのにお金を借りる行為は「詐欺行為」に該当します。詐欺罪には以下のような刑罰が科されます。

詐欺
1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
【引用】:刑法第246条

闇金との間に何らかのトラブルが発生したとしても、警察は詐欺行為を働いた人を助けてくれないかもしれません。

闇金に報復を受ける可能性がある

闇金は違法金融だから返済する必要は無いと、借りパクを繰り返す人がいるようです。闇金が訴訟を起こしたり、警察に駆け込むことは考えにくいですが、報復を受ける可能性があります。

闇金は系列店・ネットワークを持っているため、借りパクを繰り返す常習犯を探しています。居場所を知った闇金が怒って家に押しかけて来るかもしれません。

司法書士・弁護士が依頼を受けてくれない

闇金にお金を借りて、利息を一度も返済することなく意図的に借り逃げをしたら、相手の業者は怒り心頭です。司法書士・弁護士に依頼して助けを求めても、怒った闇金はそう簡単には和解交渉に応じません。

本来、弁護士・司法書士は利息・元本の支払いには応じませんが、元金和解を余儀なくされるかもしれません。

また、司法書士・弁護士によっては解決が困難と判断して依頼を受けてくれない可能性もあります。特に闇金対応に慣れていない法律の専門家に依頼した場合、交渉が余計にこじれてしまうケースがあるため要注意です。

借り逃げする前に闇金に強い弁護士・司法書士に相談すること

闇金を甘く見て借り逃げをしようとすると、大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。闇金に借りてしまったら、できるだけ早く関係を断つことが大切です。

自分だけの力で闇金との関係を解消するのは困難ですので、法律の専門家である弁護士・司法書士の力を借りることをおすすめします。

弁護士・司法書士も得意分野がありますので、闇金案件に強い専門家に依頼することが得策です。以下のようなサポート・解決をしてくれます。

  • 相談は無料で質問に答えてくれる
  • 即日で取り立て・嫌がらせをストップしてくれる
  • 元金和解を拒否してくれる
  • 今後闇金から一切連絡が来ないようにしてくれる

費用の分割払いにも対応してくれますので、依頼しやすいでしょう。

まとめ

闇金に借り逃げしても問題ないのでは?と安易に考える人がいますが、ご説明したように様々なリスクが生じます。悪質かつ強行な業者も存在しますので、借り逃げはおすすめできません。

闇金にお金を借りてしまったら、トラブルが大きくならないうちに司法書士へ相談しませんか。グリフィン法務事務所は闇金に強い法律の専門家です。お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました