闇金に借り逃げ(借りパク)するとどうなる?逃げ切れるケースと追い込まれたときの対処法

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金にお金を借りたけれど、支払いがきつくなって「借り逃げできないかなぁ…」と思う方は多いでしょう。しかし、実際に借り逃げしたら、その闇金との間で様々なトラブルが引き起こされます。

また、「最初から闇金に借りパクしてやろう!」と意図的に借り逃げするのも法的に問題があります。この記事では、闇金に借り逃げするとどうなるか?追い込みをかけられたときの対処法についてご説明します。

闇金が利用者に借逃げされないためにすること

闇金は「貸したお金を回収できない」ことを必要以上に警戒します。そのため、「無審査」「審査が甘い」などと宣伝文句に使っているものの、実際には申込時に厳しいチェックをします。

そこで、利用者が借り逃げする可能性があると判断したら以下のような対応をします。

少額しか融資しない

闇金の中には「高額融資可能」「おまとめ一本化しませんか」などと、初回からでも高額融資ができることを強調して集客する業者がありますが、貸す相手にリスクがあると判断したら少額しか融資しません。

その場合、1万円~3万円程度の貸し付けが一般的です。もしも、初回にそれぐらいの金額しか借りられなかった人は警戒されているということです。

職場に在籍確認をする

通常、闇金が利用者の職場に電話を入れるのは支払いが滞ったときですが、リスクがある場合、利用者が申告した職場で本当に働いているかどうかを事前に確認します。

「嘘をついていないか…」「仕事を辞めていないか…」など、貸したお金を取りっぱぐれにならないように確認を怠りません。

家族や知人の連絡先を提出させる

闇金は申込者には、必ず家族や知人の連絡先を提出させます。貸し付けにリスクがあると判断したら、さらに複数名の連絡先を提出させることがあります。

氏名・住所・携帯番号・職場など詳細な情報を提出させることで、支払いが滞ると、これらの保証人たちに連絡するぞというプレッシャーを与えるわけです。

実際に闇金から借り逃げすることはできるのか?

闇金に借り逃げをすると、「しつこく追いかけてくる…」「裏のネットワークを駆使して見つかってしまう…」と誰もが思うでしょう。

実際にそのような行動を取る闇金もいますが、以外にも逃げた利用者の追跡を諦める業者もいます。

ソフト闇金は少額なら追跡しないケースがある

最近は違法金融も強引な取立てをする闇金から、厳しい取立てをしないソフト闇金や後払い現金化が主流になりつつあります。

現在は携帯電話さえあれば「集客」「連絡」「取立て」ができるため、業者の多くは地方に拠点があり、全国の利用者にお金を貸しているというケースが多くなっています。

それもあって、少額のお金を貸した利用者と連絡が取れなくなった場合、本人への取立ては諦めることがあります。闇金は“飛んだ利用者をわざわざ探して追いかける”という無駄な時間とコストはかけたくないためです。

そのため、業者によってはうまく借り逃げできる可能性はあります。

携帯や住所を変える

「携帯電話を新しく変える」「住所を変える」「職場を変える」などすれば、多くの闇金は探そうとしなくなるでしょう。ただし、闇金から保証人の親族・友人などに連絡が必ず行きますので、そこから連絡先が漏れる可能性があるため、関係性を断つ必要が出てきます。

身分を隠して行方をくらませることで借り逃げできる

いわゆる夜逃げというように、身分を隠したり、正体を変えて行方をくらませば、そう簡単に身元は割り出せません。ソフト闇金ならばまずは追ってこないでしょう。

しかし、少額の借金のために夜逃げしたり、身分を変えて社会生活をおくるというのは割に合いません。

借り逃げをするデメリットとは?

実際に借り逃げをした場合、相手は闇金ですので様々な迷惑行為をおこないます。本人や関係者にいろいろなデメリットが生じます。

取立て・嫌がらせがエスカレートする

闇金は「電話に出ない」「支払いをしない」となると、返済を拒否したとみなして執拗に取立て・嫌がらせをします。“鬼電”と言われるようなしつこい電話をかけてきたり、頼んでもいない出前の注文を届けるなど、様々な圧をかけてきます。

このような嫌がらせにより、精神的に深く追い詰められることになるでしょう。

家族や知人に迷惑をかける

借りた本人が支払いをしなくなると、申し込み時に保証人として名前を書いた家族や知人に必ず連絡が行きます。しかも、しつこい取立て・嫌がらせがおこなわれますので、家族や知人の生活に悪影響を及ぼすでしょう。

自分だけでなく保証人に迷惑をかけることを理解しておかなくてはなりません。

職場にいられなくなる

闇金は利用者が支払わなくなると、職場にも毎日電話をするようになります。「本人を電話口に出せ…」「上司や会社が立て替えろ…」というように、しつこい取立てをします。

会社に迷惑をかけてしまい、結局は退職せざるを得なくなるケースがあります。そうなると、収入源を絶たれるため、さらに経済的に苦しくなって、他の闇金にまで手を出してしまうことになります。

さらに怖い債権回収業者から取立てがある

闇金の中には自力での回収はあきらめて、債権回収業者というさらに悪質な取立て業者に債権を売ることがあります。債権回収業者はお金を回収するためには手段を選びません。

「家に訪問して取り立てる」「違法な仕事を斡旋する」「女性は風俗業を紹介される」など、大きな被害に巻き込まれることがあります。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

意図的な借り逃げの注意点

闇金から借りたお金は本来返済する必要はありません。それは、違法金融業者からお金を借りても貸し借りの契約は成立しないためです。つまり借りたお金は借金に該当しません。

だからと言って、闇金から意図的に借り逃げしたとなると、様々な問題が生じます。

司法書士・弁護士が依頼を受けてくれない

闇金にお金を借りて、利息を一度も返済することなく借り逃げをしたら、相手の業者は怒り心頭です。いざ司法書士・弁護士に助けを求めても、闇金もそう簡単には交渉に応じません。

そのような難しい案件は司法書士・弁護士も解決が困難と判断して依頼を受けてくれない可能性があります。特に闇金対応に慣れていない法律の専門家に依頼したことで、余計に交渉がこじれてしまうケースがあるため要注意です。

返済する気がないのに借り逃げをすると詐欺行為に該当する

返す気がないのにお金を借りる行為は「詐欺行為」に該当します。闇金は詐欺業者だから問題ないと、借りパクを繰り返す人がいるようです。闇金が訴訟を起こすことは考えにくいですが、報復を受ける可能性があるためリスク大です。

闇金は系列店・ネットワークを持っているため、借りパクを繰り返す常習犯を探し当てる可能性があります。借り逃げは危険ですので止めましょう。

闇金への支払いがきつい場合は早期に司法書士に相談を!

闇金に借り逃げをしたけど、追い詰められてトラブルを抱えている場合は司法書士・弁護士への相談が適切な対処法です。闇金に積極的にお金を借りて、しかも借り逃げしようとした場合、警察からは民事性が高い案件とみなされます。

そのため、警察は自ら解決に乗り出そうとはしない可能性が高いでしょう。司法書士・弁護士ならば、闇金に対して法的に交渉を進めます。取立てはすぐに止まり、借りたお金も支払う必要はなくなります。できるだけ早めの相談をおすすめします。

まとめ

闇金のような違法業者からは借り逃げしても問題ないのでは?と安易に考える人がいますが、ご説明したように様々なリスクが生じます。悪質かつ強行な業者も存在しますので、借り逃げはおすすめできません。

闇金とのトラブルが大きくならないうちに司法書士へ相談しませんか。

タイトルとURLをコピーしました