闇金が会社に電話で嫌がらせをする場合はどうすればいい?対処法について解説

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金から勤務先に嫌がらせの電話がかかってきてお困りではないですか?

闇金は利用者が「支払いをしない…」「連絡が取れなくなる…」と必ず会社に電話をかけてきます。しかも、毎日しつこく何度も電話をして嫌がらせをします。

闇金から職場に連絡が行くと、利用した本人は非常に苦しい立場に立たされることになります。場合によっては解雇されたり、迷惑をかけたことで責任を取らされて辞職に追い込まれることもあるでしょう。

そこでこの記事では、闇金が会社に電話をしてくる場合の適切な対処法についてご説明します。

闇金は利用者の対応に不満があれば必ず会社に電話する

闇金は利用者が申込をする際に貸し付けの条件として、必ず勤務先の情報(会社名、部署、電話番号)を提出させます。そして、本当にその職場で働いているのかを確認するために在籍確認の電話を入れることもあります。

また、闇金は利用者の対応に不信感や不満を感じたら「会社に電話するぞ!」と脅しを入れるだけでなく、実際に会社に電話することもあります。

利用者に以下のように対応があった場合、すぐに職場に電話をしますので要注意です。

・利用者が返済しない
・闇金からの電話に出ない
・メールに返信しない
・借り逃げをした

闇金が会社に電話をしてくる理由とは

闇金が利用者の会社に電話をするのは嫌がらせ・脅しの常套手段です。会社に電話をして、利用者の同僚や上司に対して「お前が立て替えろ!」「本人を電話に出さなければ毎日電話するからな!」「会社の取引先にも電話するぞ!」というように脅しを繰り返します。

しかし、闇金は何も会社に返済の肩代わりをさせようと考えているわけではありません。第三者である会社に対して不当な取立てを繰り返せば、警察が動く可能性があるため自分の首を締めることにもなりかねません。

会社に電話をする目的や理由は、あくまで利用者に心理的なプレッシャーを与えて、言いなりにして返済をさせるためです。闇金が会社に電話をすれば、多くの人に迷惑がかかります。

また、毎日会社に電話がかかってくると解雇されかねませんので、利用者は何とか金策をして返済しようとします。さらには、言いなりにして闇金ビジネスや違法行為に加担させようとするのが闇金の本当の狙いです。

【闇金が会社に電話する真の目的】
・利用者に心理的プレッシャーを与える
・何とか金策して返済させるため
・言いなりにして、携帯電話の提供、銀行口座を提供させる

闇金の会社への嫌がらせ手口とは

闇金は会社に電話して様々な嫌がらせ手口を用います。会社側の対応によって様々な悪質行為をおこないますので要注意です。

放置すると状況はますます悪化しますので、できるだけ早めの対処が必要です。

毎日電話をかけてくる

闇金によっては毎日しつこく電話をかけてきます。相手の対応を見ながら、「一方的に怒鳴り散らす」「世間話をして仕事の邪魔をする」「無言電話をする」「ガチャ切りする」など、電話口の相手によって嫌がらせ方法を使い分けます。

本人を電話口に出せと迫る

利用者本人と連絡がつかない場合、会社に電話をかけてきて本人を電話口に出せと脅すような態度を取ることがあります。

闇金からのメールや電話を逃げ回っているとこのように会社に電話で取立てをすることがありますので要注意です。

上司や責任者に支払いの立て替えを迫る

闇金は電話口で「上司を出せ…」「社長と話しをしたい…」というように職場の人間に話しをして債務を肩代わりさせようとすることがあります。

「使用者責任として支払うのは当然だ!」と理不尽な要求をしますが、第三者が支払う義務はありませんので決して応じてはいけません。

会社に頼んでもいない出前を届ける

闇金の嫌がらせでよくあるのが、ピザや寿司など出前・デリバリーを自宅に届けることです。頼んでもいない出前が頻繁に来ると心理的に強いプレッシャーを受けます。

このような出前を会社に何度も届けるような嫌がらせをすることがあります。

消防車や救急車を呼ぶ

嫌がらせがエスカレートすると、火事をでっち上げて消防車を呼んだり、急病人をでっち上げて会社に救急車を呼ぶことを平気でおこないます。

会社に電話することは違法行為になる

貸金業法では、利用者が勤務している会社にむやみやたらに電話で取立てをしてはいけないということが法律で定められています。しかし、相手は闇金です。存在自体が違法業者ですので、法律などはお構いなしです。

闇金はそのようなことは分かった上でお構いなしに電話してきます。利用者がお金を支払うか、根本的な解決に動くかをしない限り、しつこく会社に電話してくることでしょう。

闇金から会社に電話があったときに本人がすべき対処法

闇金から会社に電話がかかってきたら、できるだけ早めに対処する必要があります。

同じ職場の人に迷惑をかけるだけでなく、最悪解雇に追い込まれるケースもあります。会社に対してはできるだけ正直に反省の意思を伝えるとともに、闇金への対策も並行しておこないましょう。

会社には闇金に借入れをしていることは伝えておく

まずは職場の上司に「闇金に借りてしまった…」ということを早めに伝えます。そして、これまでの経緯を正直に話して理解を得ることから始めましょう。

解決中であることを伝える

闇金から毎日電話がかかってくると、関係ない会社にとっては非常に迷惑なことです。業務にもいろいろと差し支えが出るため、上司はあなたに「何とかしろ!」と解決を迫ることでしょう。

そのため、絶対に放置しないことです。まずは上司との話し合いの場を設けて、そこで解決を目指していることを必ず伝えましょう。

そして、すぐに司法書士あるいは弁護士に相談して取立て・嫌がらせを止めることをおすすめします。

責任を感じて会社を辞める必要はない

闇金から会社に電話がかかってくることで、「職場に居づらい」「迷惑をかけた」ということで責任を感じて会社を辞めようと考える人がいます。しかし、仕事を辞めたら経済的にさらに厳しくなりますので、すぐに辞めるようなことはおすすめできません。

会社も借金を理由に社員をクビにすることはできません。労働契約法第16条では、「客観的に合理的な理由を欠いた解雇は無効」とされています。

仮に会社に迷惑をかけたとしても、本人が反省をして解決を図っているのならば、解雇することはできません。もしも、会社から退職を促されたとしても「不当解雇」に応じる必要はありません。

闇金が会社に連絡してくるときの適切な相談相手とは

闇金が会社に連絡してきたら、緊急事態と言えるでしょう。できるだけ、そのような連絡を止めなくてはなりません。そのような場合、適切に解決できる相談相手は誰でしょうか?

嫌がらせがしつこい場合は警察に相談する

会社への嫌がらせが激しい場合、警察に相談するべきでしょう。その際、警察は証拠がなければすぐに動いてくれませんので、「入電記録」「会話内容の録音」などの証拠をもとに相談しましょう。

ただし、警察は「証拠不十分」「事件性が少ない」「別な捜査で忙しい」というような場合、すぐに動いてくれないことがあります。状況次第では法律の専門家に相談するほうが早いケースがあります。

司法書士・弁護士に依頼してできるだけ早く解決すること

闇金から会社に電話がかかってきたら早めの対処が必要です。毎日かかってくるようなら、職場での立場はますます悪くなるばかりです。

急ぎで解決したい場合、司法書士・弁護士に依頼することをおすすめします。司法書士・弁護士ならば依頼後すぐに闇金に対して受任通知(依頼を受けたこと)を伝えて取立てを止めてくれます。

最短、当日で電話が来なくなることもあります。このような闇金との交渉ができるのは司法書士・弁護士だけですので、まずは経験豊富なこれら専門家に相談することが迅速な解決方法となります。

まとめ

会社に電話をしてくる闇金は悪質な違法業者です。ソフト闇金、後払い現金化業者、ファクタリング業者のような違法金融の中にも会社に電話をして嫌がらせをするケースがあります。

そのような業者とはできるだけ早く関係を断つことが必要な解決策です。闇金に強い司法書士に相談して取立てを今すぐストップしませんか。

タイトルとURLをコピーしました