闇金からの電話を無視するとどうなる?しつこい電話への対処法を解説

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金にお金を借りている人にとっては、闇金から電話がかかってきた場合、できるだけ出たくないのではないでしょうか。「暴言を吐かれる…」「恫喝される…」「無理な要求を受ける…」など、何を言われるか分からないから電話に出るのは怖いでしょう。

かと言って、電話を無視(着信拒否)すると闇金は怒ってその行動はエスカレートして、さらにしつこく電話をかけてきます。

そこでこの記事では、闇金の電話を無視し続けるとどうなるのか?しつこい電話に悩まされたときの対処法についてご説明します。

闇金はどんなときに電話をしてくるのか?

闇金の中には利用者がきちんと支払いをするか確認するために細かく電話をかけてくる業者があります。利用者の言動に「不満」「不安」を感じたら、さらにしつこく電話をしてきます。

以下のようなケースの際にしつこく電話をかけてきます。

返済期日に支払いをしなかった

利用者が返済期日になっても支払いをしないと闇金は矢のように催促電話をかけてきます。利用者が電話に出なければ、俗に言う「鬼電」と呼ばれるようなしつこい電話攻撃をしてきます。しかも、それは早朝から夜中まで延々と続きます。

このように利用者が電話に出ない場合、着信履歴を残すことで利用者にプレッシャーをかけ続けます。

利用者が前日確認の連絡をしなかった

闇金は返済期日の前の日に前日確認をする業者が多いですが、これは利用者が翌日の期日に必ず支払えるかどうかを確認するためです。前日確認とは、闇金にとって利用者が「返済する意思があるか」「支払うお金を用意できたか」という最終確認であり重要事項です。

それが前日確認の電話に出ない、電話をしない場合、「どうなってるんだ?」「必ず払えよ!」と言ってしつこく確認してくることになります。

追加の貸し付けを提案してくる

闇金がしつこく電話してくるのは支払いが滞ったときばかりではありません。真面目に返済する利用者に対して追加融資を提案をしてくる際にも連絡をしてきます。

以下のように半ば押し貸しのように貸付けを強要してくることがありますので要注意です。

  • 追い貸し:融資を希望していないのに追加でお金を貸し付ける
  • 一本化の提案:他の闇金を完済させて自社に一本化させて貸付額を増やそうとする
  • 系列闇金の紹介:系列の闇金を紹介して返済させようとする

携帯・銀行口座の提供を求めてくる

闇金は良からぬことを提案してくる際にも頻繁に電話をかけてきます。以下のように闇金ビジネスにとって欠かすことができない「携帯電話」「銀行口座」の提供を求めて、しつこく電話をかけてきます。

  • 携帯電話を提供すれば融資すると持ちかける
  • 携帯を新規で契約して郵送すれば利息返済は不要と提案してくる
  • 銀行口座を2万円で買い取ると持ちかける

闇金はこのような違法行為を提案しているという証拠を残したくないため、提供依頼は電話で要請してきます。

電話に出ない・無視するとどうなる

闇金は利用者が電話に出ない場合、「支払いの意思が無いのでは?…」「借り逃げするかもしれない…」と疑って、さらにしつこく連絡してきます。

職場に電話をしてくる

本人が電話を無視すると、闇金は必ず職場に電話します。そして、「○○を電話口に出せ…」「○○が借金を返さないから電話した…」などと大声で怒鳴り散らします。

また、職場の人に対しても「○○の給料を差し押さえるぞ」「代わりに会社が支払え」などと、嫌がらせをおこなうようになります。

このように騒ぎを起こして利用者に強いプレッシャーを与えることで返済を促します。

家族に電話する

闇金は融資の申し込み時に親や兄弟の住所・電話番号についての情報を必ず提出させますが、電話を無視したりすると、これらの家族に連絡します。

「子どもの借金を肩代りしろ!」「今すぐ振り込め!」など、威圧的な態度で要求します。家族の中には恐れおののいて、闇金が指定する口座に入金してしまうケースもあります。

家族は無関係であり、このような闇金の要求に応じる必要は一切ありません。

友人・知人に電話する

闇金は保証人として提出した友人・知人の携帯にも電話をかけてきます。「今すぐ○○に返済するように伝えろ…」「友人なら代わりに支払え…」といったように、関係ない人にまでしつこく連絡をしてきます。

もちろん、借金とは関係がない友人・知人がそのような要求に応じる必要はなく、闇金の電話には着信拒否をして問題ありません。

近所、大家、学校など利用者が嫌がる場所に電話する

闇金を利用者を追い込むために周辺の生活圏の人たちにまで電話をしてくることがあります。

  • 子どもの学校に電話する
  • 近所の住民や町内会に電話する
  • マンション・アパートの管理人・大家に電話する

このように、利用者が関係する人や組織にまで徹底した嫌がらせをすることで、逃げ切れないと観念させて、お金を支払わせるのが闇金の手口です。

闇金が家に来るケースは少ない

このように闇金は電話を無視するとさらに取立てをエスカレートします。「これから家に行くぞ!」「会社の前で待っているぞ!」などと、留守電に脅し文句を残すことがあります。

利用者にとっては恐怖を感じることだと思いますが、多くの場合、家や会社にまで押しかけて来ることはありません。昨今の闇金はネットで全国の利用者に貸付けをするため、低額のお金を回収するために家や会社まで取り立てに行くのは割に合わないからです。

ただし、地元の闇金に借りたり、多額の借り入れがある場合は別です。支払いをしないと危険な目に遭う可能性があるので、警察や弁護士に相談して解決を図る必要があります。

闇金からの電話を止めるための対処法

闇金からのしつこい電話は早く止めないと生活に様々な悪影響が生じます。次から次に電話がかかってくるため、携帯を使えなくなったり、メンタル面も不調になります。

闇金からの電話を止めるためには、以下のような対処法を検討しましょう。

闇金から電話が来なくなるまで我慢する

闇金はこれまでお伝えしたようにしつこく電話をかけてきますが、利用者が無視し続けると諦める可能性があります。1ヶ月程度は電話をかけてくるでしょうが、それ以降は止むかもしれません。

しかし、その間、家族・職場・友人などにも同様に連絡が行くわけですから、多大な迷惑をかけることになります。電話が来なくなるまで我慢し続けるというのは、逃げるためには現実的な方法と言えますが、周囲への影響を考えるとおすすめできません。

警察に相談する

朝から晩までしつこい電話での取立ては、貸金業法でも禁じられている明らかな違法行為です。鬼電とともに、恫喝、脅迫などが伴う行為があれば、警察に被害届を出すことをおすすめします。

正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。

【引用】貸金業法

ただし、相談内容に悪質性があっても「具体的な証拠がない」「事件性がない」といった場合には警察は積極的に動いてくれません。

その間に闇金の行動がエスカレートするリスクもありますので、警察が消極的な態度を示すようなら弁護士・司法書士に相談しましょう。

司法書士・弁護士に相談する

闇金に強い司法書士・弁護士は、悪質な違法金融業者との交渉にも慣れていますので、依頼したその日に電話が鳴り止む可能性が大きいでしょう。

法的な対応、携帯の使用停止、銀行口座の凍結などを畏れた闇金は、司法書士・弁護士が介入してくるとやむなく和解に応じます。

その結果、取り立てがストップし借りたお金の返済も不要になります。闇金トラブルを一刻も早く解決したいならば法律の専門家への相談が有効です。

まとめ

闇金からの電話は利用者にとってはとても嫌なものでしょう。厳しい返済の催促を受けたり、暴言や罵詈雑言を浴びせられるのは苦痛でしかありません。

電話を無視したい・着信拒否をしたいという考えはよくわかりますが、それでは根本的な解決はできません。

闇金に強い司法書士に相談して問題を解決しませんか。グリフィン法務事務所は、闇金・借金案件に専門特化した司法書士事務所です。迅速にサポートしますので、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました