闇金が提案する利息の支払い「ジャンプ」を受け入れてはいけない理由とは

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

「借金をジャンプする」という金融業界で使われる用語がありますが、闇金にも違う意味でジャンプという用語が使われることがあります。

この闇金のジャンプは利用者を苦しめる悪質な手口の一つです。ジャンプをし続けても決して良いことはありません。そこで、この記事では闇金のジャンプの手口とそれを受け入れてはいけない理由をご説明します。

闇金のジャンプとは

闇金のジャンプとは、支払期日に全額返済ではなく利息だけを支払うという意味です。同じ意味で“飛ばす”という言葉が使われることもあります。

ジャンプは利息だけを支払うため元金は減りません。つまり、債務の一部(利息)だけを返済する“支払いの先延ばし”というのが実際の意味あいになります。

闇金のジャンプと消費者金融のジャンプとは何が違う?

消費者金融などでもジャンプという用語が使われることがあります。これは支払期日に決まった返済額を支払えない利用者が、債権者と話合いの上で借金の一部だけを返済することで許してもらうことです。

ここまでは消費者金融と闇金のジャンプに大きな違いはありません。しかし、消費者金融の場合、ジャンプをすることで利用者にもメリットがあります。それは、全額支払いを待ってもらえるとともに、遅れても“金融事故(ブラック)”を回避できることがあげられます。

一方で闇金のジャンプは、全額の支払い期日が猶予されるだけです。結局は法外な利息の支払総額が増えますので、利用者にメリットはありません。

闇金はなぜジャンプを提案するのか

消費者金融は債権回収が遅れるためジャンプを好みませんが、一方で闇金はジャンプを積極的に提案してくることがあります。それは闇金ならではの悪質手口が関係しています。

法外な利息で利益を得るため

闇金の利息は法外です。10日で3割(トサン)、10日で5割(トゴ)が普通に使われます。例えば、5万円借りてトサンなら、10日後の利息は15,000円です。利用者が1ヶ月で3回ジャンプすれば45,000円ものお金が入ってきます。

そのため、闇金にとっては毎回ジャンプして利息だけを支払ってくれる利用者は良いお客ということが言えます。

完済させないため

闇金はダイレクトメール、SNS、ホームページなどを使ってお金に困った利用者を集めますが、集客のためには一定のコストがかかります。そのため、一度でもお金を借りた利用者を逃したくないため、「今月は利息だけ支払いませんか・・・」という提案をしてきます。これは、特にソフト闇金が用いる方法です。

1回数万円借りて完済されてしまっては利益が少なくなります。そのため、返済能力がある利用者に対しては毎回ジャンプを勧めて、利息だけを支払わせて完済させないように仕向けます。このように目的は長期間におよびお金を支払わせることなのです。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

闇金のジャンプを受け入れてはいけない理由

闇金からジャンプの提案があっても受け入れるのはリスクが大きいということを忘れてはいけません。様々なトラブルに見舞われる可能性が高いため、受け入れずに早めに関係を絶ちましょう。

法外な利息を支払い続けることになる

利用者はただでさえ、毎月のお金の工面が苦しいわけですから、法外な利息を支払い続けようとすると、必ずどこかで行き詰まります。毎月の利息を支払うために他の闇金にまで手を出してしまい、自転車操業になるケースは非常に多くなっています。

気がついたら、10件以上も闇金や違法金融から借りてしまったという方は珍しくありません。そうなると闇金地獄から抜け出せなくなります。

手数料を上乗せする

闇金の中にはジャンプに乗じて「手続きや契約が変更になる…」などと称して様々な手数料を請求してきます。「元金が増える」「利息が増える」など、毎回の支払いがみるみる膨らむことになります。

支払いができなくなると強引な取立てにあう

闇金はおとなしく利息を毎回支払う利用者に対しては比較的親切を装います。しかし、一旦支払いが遅れると取立て・嫌がらせがエスカレートします。

毎日、電話やメールが来るとともに家族や職場にも頻繁に連絡が行くようになります。あなたの社会生活や家族を守るためにも早く関係を断つ必要があります。

違法行為を手伝わされる

闇金から真面目で言うことを聞く相手だと思われたら様々なことを要求されるようになります。例えば、返済が苦しい人に対してジャンプすることを条件に「携帯電話を契約して郵送しろ」「銀行口座を貸せ」などと不法な要求を受けることがあります。

そのような闇金の違法行為に応じてしまうと犯罪行為に加担したことになりますので、決して受け入れてはいけません。

そもそも闇金からの借入れは返済不要

闇金利用者の多くが、「借りたものは返さなければいけない…」というように真面目に返済しようとします。また、「怖い相手なので支払わないと何をされるかわからない…」という意見も多く、恐怖心から返済を余儀なくされるケースもあります。

しかし、以下のように闇金は違法金融業者です。

  • 未登録営業(金融庁、自治体に貸金業の許可を得ていない)
  • 違法な勧誘行為
  • 違法な取立て行為
  • 高金利貸付け(上限年利20%を超える貸し付け)

【参考】:ヤミ金融対策法の成立(金融庁)

違法な貸付けをおこなった業者に対しては支払う必要性はないのです。

司法書士・弁護士に相談すること

闇金との関係を断ち切るためには司法書士・弁護士への相談をおすすめします。本来、悪質な手口の被害に遭った場合は警察へ相談するべきですが、「民事事件性が高い案件」「状況証拠が少ないケース」では、警察はすぐに動いてくれません。

その間も利用者は闇金から追い詰められることになります。しかし、司法書士・弁護士のような法律の専門家に依頼すれば、早ければ取立ては即日にストップします。専門家は依頼者に対して連絡はしないように交渉しますので、闇金との関係を断つことができます。

もちろん専門家に依頼する場合は報酬が必要です。しかし、早く元通りの生活を取り戻すためには、専門家の報酬は必要なコストと考えるのが合理的な判断と言えます。そのため、急ぎで解決を図るならば闇金問題に強い司法書士・弁護士に依頼することをおすすめします。

まとめ

闇金のジャンプの手口についてご理解いただけたと思います。このように違法な貸付けをおこない、利用者に法外なお金を支払わせる闇金とはできる限り早く関係を断つ必要があります。

タイトルとURLをコピーしました