見に覚えがない闇金から勧誘・請求された!適切な対処法について解説

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

まったく見に覚えがない闇金から「しつこい勧誘のメールや電話が来る…」「借りてもいないのに支払いの催促をされる…」ということでお困りではないでしょうか?

知らない闇金から頻繁に連絡がくるようになると大きな不安を感じることでしょう。そこで、この記事では、借りてもいないのに、なぜ闇金から勧誘や請求が来るのか?そのようなケースの対処法についてご説明します。

借りてもいない闇金から連絡が来るのはなぜ?

闇金は「今スグお金が必要な人」「金融ブラックの人」がターゲットです。このようなお金に困っている人の情報をさまざまな方法で集めて、しつこく勧誘を繰り返すのが手口です。

知らない闇金が連絡してくるのは、あなたがお金を借りる可能性がある“潜在顧客”だと睨んでアプローチをしてくるわけです。さまざまな理由により個人情報が闇金に漏れたことから、しつこい連絡が来るようになったことが考えられます。

闇金はどのように個人情報を集めるのか

自ら闇金に借入れを申し込んでいないのに、どのようにして闇金に自分の個人情報が流れたのか?気になるところではないでしょうか。闇金は以下の方法で債務者情報を集めているのです。

家族や知人が闇金を利用したため

闇金は申込者に担保代わりに詳細な身の回りの情報を提出させます。その中には家族や友人の個人情報も含まれます。そのため、利用者がいざ支払えなくなった際には家族や友人に「変わりに支払え!」というような請求をします。

また、それらの流れた個人情報は他の闇金にも共有されるため、別な違法金融から勧誘が来ることもあります。お金を借りてもいないのに同じように債務者扱いをされるため要注意です。

自己破産・個人再生をしたことで官報に載ったため

法的な借金解決手続きである債務整理の中でも「自己破産」「個人再生」をすると、個人名・住所が官報に載ります。官報とは政府が発行する公告文書です。法的な決定事項を一般市民に知らせる目的で明治時代から今に至るまで発行されているものです。

ほとんどの一般市民は官報に目に触れることはありませんが、名簿業者や闇金は官報を通して債務整理した人の情報収集を行っています。そのため、自己破産・個人再生をして、官報に載ってブラックになった人は闇金にとって格好のターゲットにされます。

具体的にはダイレクトメールが頻繁に送られてきますが、そのような破産者を狙った闇金からは決して借りてはいけません。

名簿業者が闇金に個人情報を販売したため

名簿業者とは独自に集めた個人情報を売買する商売です。名簿業者は多重債務者の名簿を流すような悪質な街金から買い取ったり、元社員から購入するなどして手に入れます。

また、最近ではソフト闇金や後払い現金化業者に見せかけた名簿業者が債務者の個人情報を集めて闇金に売る目的で、ホームページやSNSを使って勧誘・宣伝するケースも増えています。

このようにいずれかの違法金融業者に申込みをしたことで個人情報が流れて、結果的に見に覚えがない闇金から勧誘が来ることがあります。

事業者向け闇金がDM送付・FAXを送信してきたため

闇金のターゲットは個人だけではありません。中小の事業者をねらったシステム金融というものがあります。闇金は資金繰りに苦しんでいる企業情報の名簿を買い取って、ダイレクトメールを郵送してきたり、FAXDMというFAX送信を使って融資を持ちかけてきます。

そして、手形・小切手を担保に取るなどして融資をします。一見、正規の貸金業者を装いますが、その金利は法外で実態は闇金ですので利用してはいけません。また、一度借入れしてしまうと他のシステム金融からも頻繁に融資の案内が来ますが、これは系列店や関連業者だったりします。

一度、システム金融から借りてしまうと借金地獄から抜け出せなくなりますので要注意です。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

見に覚えがない闇金への対処法

闇金と思われるような業者から電話やメールが来たら恐怖を感じることでしょう。しかし、知らない闇金の脅しや嫌がらせが怖いからといって、相手のペースに合わせてはいけません。

以下のような対処法を参考になさってください。

連絡が来ても無視すること

闇金からしつこく連絡が来ても、お金を借りていないのであれば電話やメールの応対はしないことです。無視を決め込んで問題ありません。

それでも最初は繰り返し連絡してきますが、電話に出ずにメールにも返信しなければ大抵は諦めます。闇金も借りてくれない相手に構っている暇はありませんので、1週間ほどで連絡は来なくなるでしょう。

個人情報は絶対に教えないこと

闇金は勧誘をした際に最初にどういう態度を示すか注意深く見ています。スキがあれば様々な手を用いてお金を貸し付けようとします。

その際、間違っても勤務先・銀行口座などの情報を教えてはいけません。会社へ嫌がらせ電話を入れたり、銀行口座に押し貸しのようなかたちで入金してきます。「法外な利息を支払わせられる」「職場からは不審の目で見られる」「銀行口座は凍結される」など、良いことは一つもありません。

携帯電話を変える

いわゆる“鬼電”と呼ばれるような悪質な繰り返しの電話が続く場合、携帯番号を変えるのが良いでしょう。お使いの携帯キャリアのショップに行けば、現在の機種を変えずに、携帯番号だけを変更できます。

手数料は必要になりますが、電話を止めるためにはもっとも確実な手段です。

警察に相談する

「電話やメールが鳴り止まない」「脅しや恫喝を受けている」ということであれば、まずは警察に相談してみましょう。悪質なケースならば警察は動いてくれますが、闇金の勧誘に事件性が薄い場合、「もう少し様子をみて判断しましょう…」というように、対処を先延ばしされることがあります。

借りてしまったら司法書士・弁護士に相談する

見に覚えがない闇金から勧誘を受けて、つい借りてしまったならば相談相手は司法書士・弁護士のような法律の専門家が適しています。警察が動かないようなケースでも司法書士・弁護士ならば、すぐに闇金との交渉に入ってくれます。

「取立てを止める」「支払いをゼロにしてくれる」「連絡しないように伝える」など、闇金との関係を完全に断ち切ってくれます。費用はかかりますが、早期解決ならば専門家への相談がおすすめです。

まとめ

闇金はお金を借りる可能性がある相手には様々な手を使ってアプローチしてきます。知らない相手でましてや闇金ならば怖くなると思います。しかし、必要以上に怖がって借りてしまっては相手の思うツボです。

適切な対処法により撃退することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました