身に覚えがない闇金から勧誘・請求が来るのはなぜ?適切な対処法について解説

身に覚えがない闇金から勧誘・請求が来るのはなぜ?適切な対処法について解説
グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

まったく身に覚えがない闇金から「しつこい勧誘のメールや電話が来る…」「借りてもいないのに支払いの催促をされる…」ということでお困りではないでしょうか?

知らない闇金から頻繁に連絡がくるようになると大きな不安を感じることでしょう。そこで、この記事では、なぜ借りてもいないのに、身に覚えがない闇金から勧誘や請求が来るのか?そのようなケースの対処法についてご説明します。

借りてもいない闇金から連絡が来るのはなぜ?

闇金のターゲットは「金融ブラックの人」「金融業者からの信用力が低い人」です。このような一般の貸金業者に借り入れできずに困っている人の情報を様々な方法で集めて、しつこく勧誘を繰り返して貸し付けをするのが手口です。

身に覚えがない闇金から連絡が来るようになったのは、あなたの個人情報が闇金に流れたためと考えられます。

家族や知人・友人が闇金を利用したため

闇金は申込者に緊急連絡先や保証人と称してたくさんの関係者の個人情報を提出させます。その中には家族や友人の個人情報も含まれます。

また、闇金に一度流れた個人情報は他の闇金にも共有されます。名簿として個人情報が売買されるため、お金を借りてもいないのに闇金にターゲットにされることになります。

自己破産・個人再生をしたことで官報に載ったため

借金を減額したり、免責できる「債務整理」という手続きがあります。債務整理の中でも「自己破産」「個人再生」をすると、個人名・住所が官報に載ります。

官報とは政府が発行する公告文書です。法的な決定事項を一般市民に知らせる目的で明治時代から今に至るまで発行されているものです。

ほとんどの一般市民は官報に目に触れる機会はありませんが、名簿業者や闇金は官報を欠かさずチェックして自己破産・個人再生をした人の情報収集を行っています。

このような一般金融から借り入れできない金融ブラックの人は闇金にとって格好のターゲットです。ダイレクトメールを自宅に送ってきますが、そのような手口を使う闇金からは決して借りてはいけません。

過去に闇金を利用したため

過去に闇金にお金を借りた際の個人情報が別の闇金に流れることがあります。個人情報が売り買いされたり、系列店の間で共有されることはよくあります。

一度でも闇金を利用してしまうと、その情報が別の業者に悪用される可能性があります。

情報だけを抜くサイトに申込みをしたため

闇金のサイトの中には個人情報を抜くことだけを目的として運営しているものがあります。ネット上から申し込みをしたものの業者からは何の返信も無い場合、個人情報を抜き取られたと考えるべきです。

名簿業者が闇金に個人情報を販売したため

名簿業者とは個人情報を収集して販売する業者のことです。闇金がターゲットにする債務整理経験者、貸金業者利用経験者などの名簿は高値で売れます。そのため、業者は以下のような方法で収集をおこない闇金に販売しています。

  • 官報から自己破産・個人再生者の情報を集める
  • 悪質な街金や元社員から顧客名簿を買い取る
  • 情報抜きのサイトを使って情報を集める

名簿業者は様々な手段で多重債務者、闇金利用者の個人情報を収集します。このように何らかのかたちで金策をした際に個人情報が漏れて、結果的に身に覚えがない闇金から勧誘が来ることがあります。

借りていないのに闇金が接触してくる目的とは

闇金が接触してくる目的は利用者を増やして「法外な利息で貸付けをして儲ける」「騙して儲ける」ことです。そのために、以下のような方法でお金を搾り取ろうとします。

好条件の融資を持ちかける

まず電話やメールで連絡をしてきて、以下のような好条件の貸金業者であることをPRします。

  • ブラックの方にも貸します
  • 安心・安全な貸金業者です
  • 低金利で貸し付けできます
  • 最短30分で入金します

ここで返信をしたり、相手の話しを聞いてしまうと闇金の思うツボです。借り入れをするまでしつこく連絡をしてきます。低金利というのは嘘でトサン・トゴといった法外な利息を請求されることになります。

から貸しによりお金を騙し取るため

から貸しとは、借りてもないのにお金を請求する架空請求の一種です。闇金はどこにどれぐらい借り入れをしたか分からなくなっている人をターゲットに「貸した金を返せ」などと、騙してお金を請求します。

また、「A社の債権回収業者の者だ。給料を差し押さえるぞ…」などと脅してお金を支払わせる詐欺のような手口を使うこともあります。

押し貸しをしてお金を貸した事実をでっちあげるため

押し貸しとは借りてもいないのに入金して高額の返済を請求する詐欺の手口です。闇金は銀行口座に少額のお金を入金しておいて、しばらく経ってから「未返金のお金がある…」などと連絡してきて高額な利息を支払わせようとします。

でっちあげの話しのため、納得はいかないものの、闇金の脅しや恫喝が怖くなって支払ってしまうことになります。

身に覚えがない闇金への対処法

闇金と思われるような業者から電話やメールが来たら恐怖を感じることでしょう。しかし、闇金の脅しや嫌がらせが怖いからといって、相手の言い分に応じてはいけません。

以下のような対処法を参考になさってください。

連絡が来ても無視すること

闇金からしつこく連絡が来ても、お金を借りていないのであれば電話やメールでいちいち応対する必要はありません。無視を決め込みましょう。

最初は繰り返し連絡してきますが、電話に出ずにメールにも返信しなければ諦めます。闇金もお金を借りない人に構っている暇はありませんので、1週間ほどで連絡は来なくなるでしょう。

携帯電話の番号を変える

闇金からの電話・メールが止まない、警察に相談しても対応しれもらえない場合、携帯番号を変えるのが良いでしょう。お使いの携帯キャリアのショップに行けば、契約を変えたり、機種変更することなく、携帯番号だけを変更手続きすることができます。

新しい携帯番号の指定はできず、手数料はかかりますが、しつこい電話から開放されるためにはもっとも確実な手段です。

絶対に借りないこと

闇金は「低金利の融資」「金融ブラックでも貸します」「在籍確認なし」「借金を一本化できる」など、魅力的な宣伝文句で誘います。「お試しに利用してみないか…」「実績をつくれば高額融資もできる…」などと、最初は低姿勢で貸付けを提案してきます。

しかし、相手は闇金ですので、利用してみたら法外な利息と厳しい取り立てに苦しめられます。闇金には絶対に借りないことです。

警察に相談する

見に覚えがない闇金からの「電話やメールが鳴り止まない…」「脅しや恫喝を受けている…」「押し貸しにあった…」ということであれば、まずは警察に相談してみましょう。

悪質で他にも類似の事件が多数あるケースならば警察は捜査に動いてくれる可能性があります。しかし事件性が低い場合は「もう少し様子をみて判断しましょう…」というように、対処を先延ばしされることがあります。

借りてしまったら司法書士・弁護士に相談する

身に覚えがない闇金からの勧誘を受けて、ついつい借りてしまったという場合、相談相手は司法書士・弁護士のような法律の専門家が適しています。

警察が動いてくれないようなケースでも司法書士・弁護士に依頼すれば、すぐに闇金との交渉をおこなってくれます。

  • 取立てを止める
  • 利息・元金の支払いをなしにする
  • 一切連絡しないようにする

弁護士・司法書士ならば、このように闇金と交渉をおこない関係を完全に断ち切ってくれます。費用はかかりますが、早期解決したいなら法律の専門家への相談がおすすめです。

まとめ

見に覚えがない闇金から連絡が来るようになったら恐怖を感じることでしょう。相手を必要以上に怖がることが最もやってはいけないことです。「連絡は無視する」「お金を借りない」ということが大切です。

また、最近では闇金とばれないように親切な貸金業者を装ってアプローチしてくることもあります。あなたに近寄ってくる相手が貸金業者の場合、ほぼ100%それは闇金ですので、決して相手にしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました