ひととき融資には応じてはいけない理由!掲示板サイト・Twitterに潜む違法手口

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

お金に困った女性を狙う融資の手口に「ひととき融資」というものがあります。女性の体を狙った卑劣で違法な方法です。ひととき融資を持ちかける個人は悪質な個人貸主が多いため、決して応じてはいけません。

特に個人間融資により、掲示板やTwitterを介して宣伝・勧誘する手口が横行しています。この記事ではひととき融資の手口と借りてはいけない理由についてご説明します。

ひととき融資とは

ひととき融資とは、個人の貸主が掲示板やSNSを通じて、お金に困った女性に対して性交渉に応じることを条件にお金を貸すことです。一般的に貸金業者ではなく個人の貸し手が女性との性交渉目当てに話しを持ちかけるケースが多く見られます。

すぐにでもお金が必要な女性にとっては、「貸してくれるならばやむを得ない…」ということで性交渉に応じてしまいます。女性の弱みにつけ込んで、融資を持ちかけるひととき融資はここ数年で増えています。

ひととき融資の違法な勧誘手口

ひととき融資は主に個人間融資掲示板サイト、Twitterから親切な貸し手を装って女性を勧誘します。

個人間融資掲示板サイト

個人間融資の専用掲示板サイトはここ数年で数多く開設されています。お金に困った個人とお金を貸して収入を得たい個人をマッチングさせるというのがサービス内容です。ほとんどのサイトが無登録で利用できて、知り合った後は、貸し手と借り手が直接連絡できるようになっています。

個人の貸し手は親切な人ばかりではなく、法外な金利で貸したり、ひととき融資を目的に貸す悪質な貸し手が多いため要注意です。また、個人だと思って借りたら相手は闇金だったというトラブルも頻発しています。

Twitter

Twitterを介して個人間融資のやり取りをするケースも増えています。Twitterは匿名で利用できるSNSのため、ひととき融資を目的とした貸し手は下記のようにハッシュタグを使って大胆に借り手の女性を募集することができます。

「#女性限定の低利融資」「#ひととき募集」「#お金借りたい女性いませんか」

また、お金を借りたい女性を探し出してアプローチをおこない、ひとときを条件に持ちかけるケースもよくあります。また、貸し手の中には闇金が潜んでいることも多いため、Twitterの個人間融資には注意が必要です。

個人間融資は違法?

そもそも個人間融資は、知らない第三者に融資の宣伝・勧誘をおこない、お金を貸して利息を受け取るという貸金行為に該当します。本来、個人が未登録で貸金業をおこなうのは違法です。

しかし、ネット上で知り合って、あとは個人間で任意に貸し借りをおこなうため、実態が把握しづらく、現状はグレーゾーンになっているというのが個人間融資の実態です。

【個人間融資は本来違法行為】
・未登録で貸金をして利息を取る行為
・勧誘をして第三者にお金を貸す
・年利20%を超える利息
・違法な取立て行為

ひととき融資の悪質な手口の例

ひととき融資は性交渉を条件にお金を貸すこと自体卑劣ですが、さらには何度も強要したり、法外な利息を支払わせるなど、違法行為がエスカレートするケースがあとを絶ちません。

以下のような悪質な手口が見られます。

・少額の融資を条件に性行為を強要する
・利息を支払えなければ性行為を強要する
・性行為を盗撮してネット上にあげるぞと脅す
・法外な利息を支払わせる
・婚約証明書にサインをさせて婚約者にお金を貸した体を装う

これらは、貸金業法違反、出資法違反という違法行為だけでなく、強制わいせつ、脅迫罪、めいわく防止条例違反、軽犯罪法違反などに該当することがあります。そのため、被害を受けたら、速やかに警察に相談しましょう。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

ひととき融資を持ちかける個人融資者は闇金と同じ

ひととき融資を条件に勧誘する個人融資者は当然ながら、貸金業者ではありません。無登録で貸金業をおこなっています。また、出資法に反する高利で貸し付けをするケースも見られます。

これらはいずれも違法行為です。やっていることは闇金と同じ違法貸金業者ですので、そのような相手からはお金は借りないことです。

ひととき融資は良い条件での融資は受けられない

ひととき融資を持ちかける個人は姑息な手段で女性から体とお金を奪おうとするケースが多く、実際にトラブルが頻発しています。

パパ活的な感覚で相手を信用すると痛い目に遭います。性交渉を条件に出してきたら、相手とは一切連絡を取らないことが賢明です。

闇金・違法金融を利用してはいけない

「個人間融資だから、大丈夫だろうと…」と安心して借りたところ、闇金業者だったというトラブルは非常に多くなっています。個人間融資はお金に困った人がたくさん集まりますので、それらの人をターゲットにした闇金も数多く紛れ込んでいます。

借入れの際に、詳細な個人情報の提出を依頼してきたら、かなりの確率で闇金の可能性大です。闇金は支払いが遅れると、それらの個人情報をもとに家族や職場に電話をして取立て・嫌がらせをします。決して利用してはいけません。

また、最近ではツケ払い・後払い現金化の貸金サービスが増えていますが、こちらもほとんどは闇金が運営していますので、利用するのは止めましょう。

まとめ

ひととき融資は、お金に困っている女性を都合よく利用しようとする、悪質な個人が多いため、性交渉を求めてきたら敬遠すべきでしょう。

緊急でお金が必要になったら、「家族や知人に借りる」「日雇いのバイトを検討する」「自治体の融資制度を利用する」「身の回りのもの売る」、などできるだけ自分の力で急場を凌ぐことが大切です。

悪質な個人融資、闇金だけは利用せずに自分を守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました