ネットの誹謗中傷の投稿が削除されない場合には風評被害バスターズが素早く対応します。

ネットの誹謗中傷が削除されないのは理由があります。

【質問】

なぜ、ネットの掲示板やブログに投稿された誹謗中傷はなぜ削除されないのでしょうか?

【回答】

誹謗中傷の投稿削除をサイト運営者に依頼しても対応してくれない…

そんな時に、被害者がの多くの方が「投稿を削除するのは簡単じゃないか」、削除したことで「大した損失にならないではないか」と思われるようです。

確かに書かれた側に取ってみれば腹立たしいのは理解できますが運営者側にも削除したくない理由があります。運営者側にとってみれば投稿記事は重要なサイトの資産なのです。掲示板やブログ運営者のビジネスはインターネット広告で利益をあげることであり、メディア事業を生業としているのです。

このようなサイトビジネスでは、掲示板やブログというシステムを構築し、あとはユーザーが勝手にスレッドを立てて投稿したり、ブログ記事を作成してくれることでアクセス数が増えます。そのアクセス数の増減により広告の売上が変わってくるのです。

つまり、掲示板運営者にしてみれば例え小さな誹謗中傷記事であってもサイトを支える重要なコンテンツであり、それによってアクセスが増えるとイコール広告売上が増えることになります。

また、掲示板やブログの運営の仕事はシステム管理やメンテナンスが中心で最低限の人数で運営しています。ですので、削除依頼にいちいち対応してたらそこに割く人件費がかかるため、できるだけ手間となる仕事は増やしたくないという考えもあります。

さらに、「あの掲示板は簡単に削除対応してくれるぞ」とネット上で評判になったら、削除依頼が大量に来て、掲示板サイトととしての運営が成り立たなくなります。

有名なエピソードとして2ちゃんねるは削除になかなか応じてくれないというものがありますが、これは実際にそうなのですが、こうした事実がネットユーザーの間で評判になれば、誹謗中傷を書かれても2ちゃんねるの投稿削除を大半の人が諦めます。

これにより、運営者側にとっては削除する手間だけでなく削除依頼にも目を通す件数が減るので余計な仕事が減ります。資産となるコンテンツを削除する必要もなく利益が守れるというわけです。

このように、掲示板、ブログ、Q&Aサイトなどは自サイトの利益を守るために削除対応はしたくない、いやしないというのが基本的なスタンスなのです。何か事件や犯罪に関わるような投稿は警察の目もありますので積極的に削除しますが、単なる個人や法人の誹謗中傷削除には対応しないということを理解しておく必要があります。

但し、これは一般の人が削除依頼した場合のことです。私たちのような専門的なノウハウを持つプロに対しては対応が変わることは言うまでもありません。

もし、掲示板やブログ、Q&Aサイトの投稿削除でお悩みなら風評被害バスターズにご相談下さい。