闇金問題解決の弁護士費用はいくら?相場と払えないときの対処法も解説

闇金問題解決の弁護士費用はいくら?相場と払えないときの対処法も解説
グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

この記事でわかること
  • 闇金解決の弁護士費用の相場はおおよそ1社あたり5万円
  • 闇金問題は弁護士・司法書士に依頼して解決する方が経済的に得策である
  • 弁護士・司法書士費用は分割払いや後払いが可能なこともある
  • 闇金問題を解決するには闇金に強い弁護士・司法書士に依頼することが重要

闇金からお金を借りてしまうと法外な金利を要求され、払えなければ脅迫を伴う取り立てや悪質な嫌がらせを受けてしまいます。

このような闇金問題を自力で解決することは極めて困難ですが、弁護士に依頼すれば取り立てや嫌がらせがすぐに止まり、返済する必要もなくなるという大きな効果が期待できます。

ただ、弁護士に依頼するためには費用がかかります。闇金からの取り立てに追われている人にとって、弁護士費用をすぐに準備するのは難しいことも多いでしょう。

それでも、闇金に莫大な利息を支払い続けるよりは、弁護士に依頼して早急に取り立てを止める方が経済的な負担は格段に軽くなるはずです。

そこでこの記事では、闇金問題を解決するためにかかる弁護士費用の相場と、弁護士費用を払えないときの対処法についてわかりやすく解説します。

闇金解決の弁護士費用の相場は5万円!その内訳は?

結論をざっくりといいますと、闇金問題の解決を弁護士に依頼するためにかかる費用としては、1社あたり5万円程度を見込んでおくとよいでしょう。

弁護士費用は一律に決まっているものではなく、事務所ごとに異なります。以下では、あくまでも目安ですが、弁護士費用の相場を費目ごとにご説明します。

相談料

弁護士に依頼する前には、法律相談で事情を話し、弁護士からのアドバイスを受けることになります。

法律相談料の相場は、30分につき5,000円程度(税別)です。

ただし、闇金に強い弁護士の事務所では、無料で相談に応じているところも数多くあります。無料相談を活用することで、相談料の負担は回避できます。

着手金

法律相談の結果、闇金問題の解決を弁護士に依頼することになれば着手金を支払う必要があります。

着手金は弁護士が依頼を受けた業務に着手するためにかかる費用なので、依頼時に一括で支払うのが原則です。

闇金問題の着手金の相場は、1社あたり4万円~7万円程度(税別)です。

成功報酬

成功報酬とは、弁護士の事件処理によって問題が無事解決した場合にかかる費用のことです。闇金問題の場合は着手金のみとし、成功報酬は請求しない事務所が多いです。

中には成功報酬を別途請求する事務所もありますが、その場合は着手金が低めに設定されている傾向にあります。例えば、着手金として4万円、闇金からの取り立てが止まったら成功報酬として3万円、といった形で分けて請求されます。

多くの事務所では着手金に成功報酬も含めていて、その合計額の相場が5万円程度(税別)です。

このように着手金に成功報酬も含めて請求する事務所では、着手金ではなく「手数料」という名目としているところもあります。

なお、闇金に支払ったお金を弁護士が取り戻した場合には、その金額の10~20%程度の成功報酬がかかるのが通常です。ただし、闇金からお金を取り戻すのは容易ではないため、この成功報酬がかかるケースはそれほど多くありません。

刑事告訴の費用

闇金の行為は出資法違反、脅迫罪、恐喝罪などの犯罪に該当することが多いので、希望すれば刑事告訴の手続きを弁護士に依頼して逮捕や処罰を求めることも可能です。

その場合は弁護士費用が別途必要となり、金額としては5万円~10万円程度(税別)が相場です。

ただし、刑事告訴をしなくても弁護士と闇金との交渉によって解決できるケースが多いため、刑事告訴を依頼する人はさほどいません。

以上のことから、一般的に闇金問題の解決にかかる弁護士費用の相場は1社あたり4万円~7万円程度ということになります。この幅の中でも、ボリュームゾーンは1社あたり5万円程度です。

闇金解決を弁護士に依頼するメリット

弁護士費用の相場が1社あたり5万円程度だとしても、仮に闇金4社から取り立てを受けている場合には20万円程度がかかります。

決して安い金額ではありませんが、弁護士に依頼すれば以下のメリットが得られます。

取り立てが止まる

弁護士が代理人として介入すると、闇金からの取り立てがすぐに止まる可能性が高いです。

なぜなら、闇金は自分たちの行為が違法であることを知っているため、弁護士に刑事告訴などの法的措置をとられることを恐れているからです。

また、弁護士に依頼した借主にお金を支払わせるのが容易でないことも知っているので、早々に取り立てを諦めるものです。

闇金としては、脅せば支払う借主を追い込んでお金を巻き上げる方が利益になるので、弁護士が介入した借主については諦め、他の借主にターゲットを移していくというのが実情です。

支払ったお金を取り戻せる可能性もある

弁護士に依頼すれば、既に闇金に支払ったお金を取り戻せる可能性もあります。

実は、闇金から借りたお金については、利息だけでなく元金も返済する必要はありません。法外な金利を伴う貸付はそれ自体が犯罪行為なので、借りたお金は不法原因給付となり、闇金には返還請求権が認められないからです。

それにもかかわらず返済した場合は、闇金がそのお金を取得する法律上の原因がないので、不当利得として返還を請求できます。

ただし、闇金の実態はつかみにくく、不当利得返還請求の法的手続きをとることが難しいため、支払ったお金を取り戻せる可能性は高くないことも知っておいてください。

闇金業者の逮捕につながることもある

闇金問題は警察に相談することも有効ですが、借主が自分で被害届や刑事告訴をしようとしても受理されないケースが少なくありません。

しかし、弁護士に依頼して的確に手続きをしてもらえば、被害届や刑事告訴が受理される可能性が高くなります。

警察による捜査の結果、闇金業者が逮捕されるとその素性が判明します。その場合には、取り立てが止まるだけでなく、不当利得返還請求の法的措置をとることも可能となってきます。

迅速かつ穏便に解決できる可能性が高い

実は、闇金問題は取り立てや嫌がらせを無視するだけでもいずれは解決します。「この借主には何をしてもお金を払わない」と闇金が判断すれば、他の借主にターゲットを移すからです。

ただし、それまでに自分が厳しい取り立てを受けるだけでなく、家族や親戚、さらには友人・知人、職場にまで嫌がらせの電話が頻繁かかってくるのが通常で、生活の全てが破壊されてしまうおそれがあります。

弁護士に依頼すれば、このような代償を払うことなく、迅速かつ穏便に解決できる可能性が高いのです。

闇金解決の弁護士費用を安くするコツ

闇金問題の解決を弁護士に依頼するとしても、弁護士費用はできる限り抑えたいところでしょう。

ここでは、少しでも安い費用で弁護士に依頼するためのコツをご紹介します。

複数の借入がある場合はまとめて依頼する

複数の闇金から借りている場合には、まとめて依頼することで弁護士費用が割安になることがあります。

例えば、5社から借りている場合に、本来なら1社につき5万円で合計で25万円となるところ、20万円に割り引いてもらえるという具合です。

ただし、どの事務所でもこのような割引をしてくれるわけではありませんし、割引がある場合でも基準は事務所によって異なることにご注意ください。

闇金に強い弁護士に依頼する

闇金問題の解決を依頼するなら、闇金に強い弁護士を選ぶことが結果的に弁護士費用を押さえることにつながるといえます。

弁護士業務の中でも闇金業者への対応はやや特殊な分野なので、全ての弁護士が手慣れているわけではありません。

闇金業者への対応の経験が浅い弁護士に依頼すると、取り立てが止まらなかったり、解決のために闇金に対する支払いを指示されるようなこともあります。思うように解決できず、改めて闇金に強い弁護士に依頼するとなると、弁護士費用が二重にかかってしまいます。

その点、闇金に強い弁護士は依頼者の実情も熟知しているので、利用しやすい料金体系を備えているものです。初めから闇金に強い弁護士を選んで依頼することが、費用の面でも得策となります。

費用が明確で低料金の弁護士を探す

闇金解決の弁護士費用は、事務所によってまちまちです。相場より高い事務所もありますし、中には料金体系が不明確で依頼後に追加費用を請求されるケースもあるようです。

能力の高い弁護士ほど費用が高いというイメージがあるかもしれませんが、それは勘違いです。闇金解決の弁護士費用を高く設定している法律事務所は、どちらかというと闇金問題の依頼を受けたくないと考えている傾向があります。

できる限り依頼を回避しているのですから、そのような事務所の弁護士は闇金業者への対応になれていない可能性が高いです。したがって、弁護士費用が高いからといって闇金問題の解決能力が高いとは限りません。

先ほどもご説明したように、闇金に強い弁護士がいる事務所では、闇金からの取り立てを受けてお困りの依頼者も利用しやすいような料金体系を備えているものです。

相場の範囲内で、料金体系が明確で低料金の事務所を選んで依頼することで、弁護士費用を抑えることが可能となります。

闇金解決の弁護士費用を払えないときの対処法

多少は割安で弁護士に依頼できる方法があるとしても、ほとんど費用を支払う余裕がないという方も少なくないことでしょう。

払えるお金があれば闇金にむしり取られるという状況であれば、無理もないことです。そんなときでも、以下の対処法によって闇金問題を解決することができます。

分割で支払う

闇金に強い弁護士の事務所では利用しやすい料金体系を備えていることを何度かご説明しましたが、その一環として分割払いに対応している事務所も多くあります。

依頼者の支払い能力に応じて毎月5,000円程度からの分割払いに応じてくれる事務所もあります。無料相談の際に弁護士費用の支払い方法についても相談するとよいでしょう。

着手金なし(後払い)の事務所に依頼する

弁護士費用のうち着手金(闇金の事案では「手数料」と称されることもあります。)は、原則として依頼時に一括で支払うものです。

しかし、闇金に強い弁護士の事務所では着手金(手数料)の後払いに対応してくれる事務所もあります。

まずは闇金からの取り立てを止めなければ、依頼者も費用を支払いようがありません。闇金に強い弁護士はこのような実情を熟知しているので、後払いにも応じてくれることが多いのです。

闇金からの取り立てが止まれば、それまで闇金に支払っていたお金を弁護士費用の支払いに振り向けることが可能となります。

司法書士に依頼する

闇金業者への対応は弁護士だけでなく、司法書士も行うことができます。闇金に強い司法書士を選んで依頼すれば、闇金に強い弁護士に依頼した場合と同じメリットを得ることが可能です。

そして、料金は弁護士よりも司法書士の方が少し低い傾向にあります。依頼費用を抑えたい場合は、司法書士に依頼することも一つの選択肢となります。

闇金解決を依頼するのは弁護士と司法書士のどちらがよい?

闇金問題の解決の依頼先として弁護士と司法書士の2つがあるとすれば、どちらがよいのかが気になるところでしょう。以下で、お答えいたします。

弁護士と司法書士の違い

弁護士も司法書士も、依頼を受けて闇金業者との交渉という業務を行うことができます。

両者の違いは、司法書士は1社あたりの請求額が140万円以内の案件しか取り扱えないのに対して、弁護士は無制限に取り扱えるという点です。

闇金事案では、1社から140万円を超える金額を借りているケースはほとんどないので、多くの場合は弁護士・司法書士のどちらにでも依頼できることになります。

司法書士に依頼した方がよいケース

闇金問題の解決を法律の専門家に依頼するときに留意すべきポイントは、以下の2点です。

  • 闇金に強いか
  • 費用がリーズナブルか

弁護士でも司法書士でも、闇金に強い専門家もいれば、そうでない専門家もいます。

費用についても、全体的にみると司法書士の方が少し低い傾向にありますが、どちらも事務所によって異なります。

したがって、闇金問題のベストな依頼先は弁護士か司法書士かにこだわらず、「闇金に強く、費用がリーズナブルな専門家」ということになります。

この条件に該当する司法書士を見つけた場合には、その司法書士に依頼するのがベストであるといえます。

闇金に強い弁護士・司法書士を選ぶためのポイント

最後の問題は、闇金に強い弁護士・司法書士をどのようにして選べばよいのかという点です。

この点については、インターネットで事務所を探すときや、無料相談を利用した際に、以下のポイントを確認することをおすすめします。

闇金問題の解決実績が豊富にあるか

最も重要なポイントは、闇金問題の解決実績を豊富に持つ専門家を選ぶということです。

弁護士・司法書士の実績や力を入れている分野は、事務所のホームページに掲載されていることが多いです。

ホームページを見るだけではわかりにくい場合や、事務所のホームページがない場合には、直接問い合わせて確認してから無料相談の予約をとるようにしましょう。

すぐに対応してくれるか

闇金問題への対処は急を要する場合が多いので、弁護士・司法書士がすぐに対応してくれるということも極めて重要となります。

無料相談の問い合わせをした際に、「予約がとれるのは1週間後になります」というような事務所は、専門家の能力が高いとしても、闇金問題の依頼先としては考えものです。

短時間であってもすぐに相談に乗ってくれて、迅速に闇金との交渉に着手してくれる弁護士・司法書士を選びましょう。

土日・祝日・夜間も対応可能か

すぐに対応してくれることと併せて、「いつでも対応してくれる」ということも重要です。

弁護士・司法書士の事務所の中には、平日の日中しか対応してくれない事務所もあります。しかし、予約をすれば土日・祝日・夜間の相談も可能という事務所も少なくありません。

急を要する場合は、土日・祝日・夜間も相談を受け付けている事務所を選びましょう。

メールやLINEでの連絡にも応じてくれるか

闇金問題では、弁護士・司法書士への依頼後も緊急の対応を要するケースが少なくありません。

ただ、365日・24時間対応している専門家はいないのが実情です。そこで重要となるのは、いつでも専門家と連絡が可能で、素早く対応してもらえるかという点です。

以前は弁護士・司法書士との連絡といえば事務所への電話連絡のみとするところが多かったのですが、最近ではメールやLINEでの連絡に応じる専門家も増えています。

この点についても、無料相談の際に確認するとよいでしょう。

料金が明確で良心的か

依頼する前には必ず見積もりをとり、料金についても確認しましょう。料金が高すぎる、あるいは低すぎる、明確でない、といった事務所は避けた方が無難です。

相場の範囲内で、明確かつ良心的な料金体系の事務所が理想的です。

まとめ

闇金の被害に遭っている場合は、法外な利息を無理に支払うよりも、弁護士または司法書士に依頼して早急に解決することが大切です。費用がかかったとしても、その方が結果として経済的な損失を大きく抑えることが可能となります。

弁護士費用・司法書士費用については分割払いや後払いが可能な事務所もあるので、まずは専門家に相談して闇金による取り立てからの解放を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました