闇金はなぜ弁護士への相談は意味がないと言うのか?

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金は利用者に逃げられないように様々なプレッシャーをかけてきます。その中でもよく使う手口が「弁護士・司法書士に相談しても意味はないぞ…」という脅し文句です。

実はこれは闇金が弁護士に相談してほしくないためのセリフの裏返しです。この記事では、闇金が「弁護士を嫌う理由」「相談してほしくない理由」についてご説明します。

闇金が弁護士への相談は意味がないという状況は?

闇金は事あるごとに、利用者に対して「弁護士への相談は意味がない…」という文句をチラつかせます。これは、「利用者の対応がいつもと違っておかしいぞ…」と不安に思ったときの以下のようなケースでよく使います。

闇金からの連絡に対応しなかったとき

闇金は貸し付けた後に、利用者がきちんと支払いをするかを厳しくチェックします。そのため、期日までに返済ができるかどうかを事前確認します。闇金から直接連絡を入れる場合もあれば、利用者に電話・メールをさせるケースもあります。

その際に、何度連絡しても返答ない利用者がいれば、留守電やメールに「弁護士なんかに相談しても意味ないからな…」「弁護士に依頼しても取り立ては止まらないぞ…」というような脅し文句を残すことがよくあります。

これは弁護士に相談されたくないための裏返しの発言ということが言えます。

利息の支払いが滞り始めたとき

利用者が「支払いがきつい…」「返済を待ってくれ…」と訴えてきた場合も同様です。闇金な利用者が返済できないことにより、弁護士に泣きつくかもしれないと不安に思うためです。

このようなときによく使うのが「弁護士に相談しても何も変わらないぞ…」「費用が無駄にかかるだけだぞ…」と、相談させないようにネガティブ情報をよく流すことがあります。

自ら「弁護士に相談する」と伝えたとき

利用者自らが「弁護士に依頼しますよ!」と伝えたとします。そうすると、必ずと言ってよいほど「意味がない」という回答をしてきます。さらには、「覚悟しろよ」「家に行くぞ」という脅しを用いて、何としてでも弁護士への相談を妨害しようとします。

闇金は、それほど弁護士に相談して欲しくないということの現れです。

闇金が弁護士への相談は意味がないと言う理由

闇金がそこまで弁護士を否定するのには大きな意味があります。闇金が違法金融ビジネスを続けていく上でのリスクが生じるためです。その理由を見ていきましょう。

利用者を失い利息・元金を回収できなくなるため

利用者が弁護士に依頼をすれば、すぐに闇金との取引は停止になるケースが大半です。それによって、闇金は利息・元金はもとより、せっかく手に入れた“金づる”である利用者を失うことになります。

闇金は有料の名簿や広告などを使って利用者を集めますので、すでに元手がかかっています。そのため、“お金を生む”大切な利用者を失いたくないために、弁護士には相談させたくないのです。

闇金ビジネスができなくなるリスクが生じるため

闇金ビジネスに最も必要なものが「携帯電話」「銀行口座」です。利用者との連絡は携帯電話を使って通話・メール・LINEを活用します。また、入出金には銀行口座が必要です。

弁護士は闇金が和解交渉に応じない場合、携帯キャリアと交渉して電話を止めることができます。また、警察に働きかけることで闇金が使用している銀行口座を凍結することも可能です。

このように携帯、銀行口座が使えなくなると闇金はビジネスを継続するのが難しくなります。そのため、このような交渉ができる弁護士の介入を強く警戒するわけです。

逮捕されるリスクが高まるため

闇金は様々な悪質行為をおこなっていますが、弁護士は依頼を受けて事件に介入すると、それらの違法行為を相手に突きつけて和解に応じるように交渉します。その和解交渉に応じなければ、弁護士は裁判という強硬手段に出ることになります。

裁判までもつれ込むと、「損害賠償金の支払い」「警察に逮捕される」というリスクが生じます。闇金にとっては、実はこれが最も嫌なシナリオです。

弁護士が交渉役に出てくることは闇金にとって大きなリスクになるため、利用者が依頼することを懸命に阻止しようとします。

闇金への支払いをストップしませんか!
司法書士に今スグ無料相談
(簡単30秒!自動チャット相談)

闇金問題を弁護士・司法書士に相談すれば解決できること

闇金、違法金融とのトラブルを弁護士に相談すれば、以下のような解決が可能になります。

・交渉により取り立てがすぐに止まる
・ケースによっては支払った利息が戻ることがある
・闇金との関係(取引)を完全に断ち切ることができる
・裁判を申し立てることができる(被害者弁護)

※闇金問題は警察への相談をイメージされる方は多いですが、警察は事件性がなければすぐには動いてくれません。弁護士ならば依頼を受ければ、迅速に闇金との交渉に入ってくれます。

闇金に弁護士に依頼したことを伝えるのは得策ではない

闇金利用者の中には弁護士に依頼したことで安心してしまい、相手に対して「弁護士に依頼したよ…」「連絡が行くからな…」と事前に伝えてしまう方がいます。これは非常にリスクが大きい行為で決して言ってはいけません。

これにより、闇金は激昂します。また、依頼を取りやめさせるために脅しをかけます。さらには「会社や家族へ厳しい取り立てをおこなう」「悪質な嫌がらせをおこなう」ことがあります。

弁護士に依頼した後は闇金との連絡は一切断つことが大切です。すべての交渉は弁護士に任せるのが得策です。

まとめ

闇金にとって弁護士はもっとも嫌な相手の一人です。逆を言えば弁護士に依頼すれば、闇金、ファクタリング、後払い現金化などの違法金融問題は一気に解決することが期待できます。

ちなみに、闇金トラブルは弁護士と司法書士のどちらにも依頼することができます。闇金でお困りなら、まずは弁護士か司法書士に相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました