闇金被害の相談窓口5選を紹介!最も頼れる相談先はどこ?

闇金被害の相談窓口5選を紹介!最も頼れる相談先はどこ?
グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

闇金に手を出してしまった場合、誰にどのように相談して解決すればいいのか分からない方は多いでしょう。闇金とのトラブルを収めるためには専門的な相談窓口にアドバイスを受けたり、代理人になってもらう必要があります。

この記事では、闇金被害で困ったときに利用できる5つの相談窓口をご紹介します。ご自身に最適な相談相手を選んで、できるだけ早く専門機関に相談して解決なさってください。

闇金被害に遭ったときの相談窓口5選

闇金被害に遭ったときに利用できる相談窓口を5つご紹介します。これら専門家ごとに「相談できること」「対処してもらえること」「費用」など、特徴が異なります。

「被害内容」「解決したいこと」「対応スピード」を確認の上、専門窓口を選びましょう。

警察

闇金による暴力的な取り立てや嫌がらせがエスカレートして身の危険を感じる場合は、警察に相談するべきでしょう。

その場合、交番ではなく、最寄りの「警察署」に相談しましょう。闇金被害の警察の担当部署は生活安全課になります。

以下のように事件性があるケースならば警察は捜査に動いてくれます。

  • 家まで取り立てに来た
  • 1日に何十回も電話・メールで「殺すぞ」と脅されている
  • 職場に押しかけてきた
  • 暴力を振るわれた、物を壊された
  • 闇金の仕事に協力させられた(携帯や口座の譲渡など)

ただし、トラブルの内容が個人の借金問題として扱われるようなケースの場合、警察は「民事不介入の原則」により対応してくれません。また、被害が軽微であったり、具体的な証拠が乏しい場合も、すぐには動いてくれないでしょう。

警察に相談するメリット

警察に相談するメリットは、悪質で事件性が高い闇金事案なら、捜査をおこない逮捕してくれる可能性があることです。また、闇金が自宅に押しかけてきた場合、かけつけてくれて身の安全を守ってくれます。

  • 無料で相談できる
  • 闇金業者の逮捕が期待できる
  • 身に危険が及んでいる場合は周辺をパトロールしてもらえる

警察に相談するデメリット

一方でデメリットは、警察は組織ですので上層部が民事事件と判断したら捜査に動いてくれません。また、仮に捜査に動く場合も検挙までに時間がかかるため、その間、被害者は闇金に追い込まれる可能性があります。

  • 民事不介入の原則により解決に動いてくれないことがある
  • 刑事事件であっても捜査から逮捕まで時間がかかる
  • 元金の返済を勧められることがある
  • 警察に相談したことで闇金が逆ギレする可能性がある

国民生活センター

国民生活センターは国がつくった消費者トラブルの相談窓口です。様々な消費生活トラブルに関する相談を受け付けており、闇金被害についても相談することもできます。各都道府県に設置されている「消費生活センター」で専門の相談員が質疑応答に対応してくれます。

相談員はあくまでアドバイザー的な役割であり、問題解決へ向けた「情報提供」や「アドバイス」はおこなってくれますが、闇金業者との交渉役にはなってくれません。最終的には司法書士・弁護士や警察への相談を勧められるケースが多くなっています。

借金相談や生活改善に向けたアドバイスは期待できますが、相談だけの窓口であることを理解しておく必要があります。

【参考】:国民生活センター

国民生活センターに相談するメリット

国民生活センターに相談するメリットは無料でカウンセラーからアドバイスを貰えることです。闇金への対処法、借金問題の解決の仕方など有益な情報を得られる可能性があります。

  • 無料で相談できる
  • 電話のみで相談することも可能
  • 闇金対策の情報が得られる

国民生活センターに相談するデメリット

一方で、国民生活センターはアドバイスはしますが、解決に動いてくれることは職務上ありません。緊急性が高い場合は相談相手としては適していません。

  • アドバイスだけで闇金問題を解決できない
  • 他の相談先を紹介されて終わることが多い

貸金業相談・紛争解決センター

貸金業相談・紛争解決センターとは、日本貸金業協会運営する相談窓口のことで、借金問題や多重債務の悩みを持つ人からの相談を受け付けています。

貸金業者に対する苦情も受け付けており、話し合いや指導等による解決を図ってくれます。それでも問題が解決しない場合は、裁判外紛争解決手続き(ADR)の利用を案内されます。

ただし、国民生活センターと同様、闇金問題については情報提供とアドバイスのみであり、センターが闇金業者と交渉してくれるわけではありません。

闇金以外の借金問題を解決し、生活を立て直したい場合には貸金業相談・紛争解決センターへの相談は有効な方法です。

【参考】:貸金業相談・紛争解決センター

貸金業相談・紛争解決センターに相談するメリット

この組織への相談メリットは、闇金以外の多重債務について解決するための良い情報が得られることです。貸金業者への対応方法から債務整理までわかりやすく案内してくれます。

  • 無料で相談できる
  • 闇金以外の借金については費用をかけずに解決できる可能性がある
  • カウンセリングや家計管理の実行支援により借金体質を改善できる

貸金業相談・紛争解決センターに相談するデメリット

デメリットはやはり闇金問題について本質的な解決ができないことです。闇金案件については別な相談窓口を紹介されることになるでしょう。

  • 闇金業者とは交渉してもらえない
  • 闇金問題については他の相談先を紹介されて終わりになる

法テラス

法テラス(日本司法支援センター)とは、様々な案件の法律相談から弁護士や司法書士を紹介してくれる国が作った専門機関です。闇金問題についても、それぞれ地域の相談窓口に電話して相談したり、専門家を紹介してくれたりします。

法テラスを介して弁護士や司法書士に依頼すれば、低料金かつ分割払い(原則として毎月1万円ずつ)での「民事法律扶助制度」を利用できます。

法テラスは、専門家に支払う報酬費用がすぐに用意できない方の相談先としては優れています。ただし、原則として専門家を選ぶことはできません。

【参考】:法テラス

法テラスに相談するメリット

法テラスに相談するメリットは、無料相談が可能なことと、地元の弁護士・司法書士に相談できることです。また、分割払いで依頼できることも大きなメリットです。

  • 法律の専門家に闇金問題を相談できる
  • 一定の条件を満たせば無料で相談できる
  • 一定の条件を満たせば依頼費用の立て替え・分割払いが可能となる

法テラスに相談するデメリット

法テラスのデメリットは、自分で専門家を選べないため、「闇金問題に詳しくない」「相性が合わない」弁護士や司法書士をを紹介されるケースもあります。また、電話相談から実際に弁護士・司法書士と面談するまで少し時間がかかることもあります。

  • 相談・依頼する専門家を自分で選べない
  • 相談・依頼するまでに時間がかかることがある
  • 闇金問題を緊急で解決したい場合は不向き

司法書士・弁護士

闇金問題は、司法書士や弁護士に直接相談することもできます。司法書士・弁護士に依頼すれば、受任通知をすぐに連絡して依頼者の代理人になったことを闇金に伝えます。これにより、即日で闇金の取り立てがストップすることが期待できます。

「闇金が親に電話してきた…」「会社に電話してきた…」といった緊急性が高い場合にはすぐに解決に動いてくれます。ただし、弁護士・司法書士ならどこでも良いわけではありません。闇金に強い経験豊富な事務所に依頼するのがおすすめです。

司法書士・弁護士に相談するメリット

闇金トラブルに見舞われた際には司法書士・弁護士に依頼することでほとんどの問題は解決できます。そのため、以下のようなメリットが得られるでしょう。

  • 相談は無料でできる事務所が多い
  • 取り立てが止まる(早ければ即日)
  • 家族や職場に知られずに解決できる
  • 闇金との関係を断ち切ってくれる
  • 支払った法外な利息を返金請求できる可能性がある
  • 闇金以外の借金も債務整理で解決してくれる
  • 闇金が許せない場合、刑事告訴ができる

司法書士・弁護士に相談するデメリット

司法書士・弁護士に相談するデメリットは費用が発生することです。相談料は無料の事務所もありますが、解決にあたっては闇金1件あたり50,000円ほどの報酬費用が必要になります。

また、闇金に詳しくない事務所に依頼した場合、相手業者の暴力的な剣幕に押されて交渉が難航するケースがあります。闇金という反社会的な金融業者との交渉は、専門的に取り扱う司法書士・弁護士に依頼するのが得策です。

  • 報酬費用が発生する
  • 闇金に詳しくない事務所に依頼すると失敗するケースがある

闇金に強い司法書士・弁護士の特徴

闇金案件は様々なケースがありますが、その中でも相談先として最も頼りになるのは司法書士・弁護士と言えます。その中でも依頼するなら闇金に強い司法書士・弁護士です。

これらの専門家は闇金案件を専門的に取り扱っているため、対応に慣れており相手が嫌がることを熟知しています。

そのため、闇金に強い司法書士・弁護士が介入してきたら、すぐに諦めて和解に応じる業者が多くなっています。

中にはすぐに和解に応じない強硬な闇金業者もありますが、以下のように司法書士・弁護士が対応可能な材料を交渉に使います。それによって、和解に応じて依頼人への取り立てをピタリと止めるようになります。

  • 証拠を提示して刑事告訴をする
  • 闇金業者の携帯電話の利用を停止する
  • 元本・利息の返金請求をする
  • 集団訴訟を提起する
  • 闇金業者の銀行口座を凍結する
  • 逮捕へ向けて警察と連携する

このように業者にとっては闇金に強い司法書士・弁護士と争うことはリスクが高いため交渉に応じるわけです。依頼人にとってもこのような専門家であれば安心し交渉を任せることができます。

まとめ

闇金に「返済できない」「取り立てがキツい」という場合には、できるだけ早めに相手と交渉して解決する必要があります。その際の相談窓口として適切なのは闇金に強い専門家ではないでしょうか。

グリフィン法務事務所は闇金案件に専門特化した司法書士事務所です。当事務所にご相談いただければ即日対応が可能です。お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました