闇金の調べ方はどうすればいいの?被害に遭わないための見分け方と対処法

グリフィン法務事務所

この記事の監修
グリフィン法務事務所 司法書士 今井 亨

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

東京司法書⼠会:7970/代理権認定番号:712017
闇金問題の被害者救済の専門家として活動する司法書士です。闇金トラブルの取扱い件数は国内トップクラスの実績があります。適切かつ迅速にサポートすることをモットーにしています。

昨今の闇金は、ホームページやSNSを活用して利用者に闇金だと気付かれないように巧妙に勧誘します。そのため、「親切そうな貸金業者が闇金だった…」「個人間融資を利用したら相手が闇金だった…」ということで被害に遭うケースが多発しています。

そこでこの記事では、闇金の調べ方や見分ける方法、さらには借りてしまったときの対処法についてご説明します。

正規貸金業者と闇金の違い

まずは正規の貸金業者と闇金の違いを知っておく必要があります。正規の貸金業者とは、「貸金業法」という貸金業を営むための法律に則って活動している、消費者金融、信販会社、街金などのことです。

貸金業法は利用者保護の観点から、金利、取立て、宣伝方法など細かいルールが定められています。それに違反すると、営業停止、資格剥奪されるため、貸金業者はあくまで法律を遵守して営業します。

一方でこの貸金業法を守らずに違法に営業活動をしているのが闇金です。未登録で法定金利を守らずに貸し付けをおこない、悪質な方法で取立てをします。

この闇金は金融事業者として国に認められておらず、違法に貸し付けをしていますので、借りたお金は貸借契約が成立していません。つまり借金には該当しないため、返済する必要はないことを覚えておきましょう。

闇金の見分け方

このように国の認可を得ずに違法に融資をする業者はすべて闇金ということが言えます。ここでは、闇金を見分けるための代表的なポイントについて説明します。

未登録で営業している

貸金業を営むためには、管轄の当道府県か財務局への登録が必要です。登録業者のホームページには必ず、下記のような登録表記がされています。

登録番号: 関東財務局長(13)第○○○号 日本貸金業協会会員 第○○○号

貸金業を営むためには様々な提出書類をもとに厳格な審査が行われます。一方で闇金はもっともらしく屋号を立てて営業していますが、実体は未登録のもぐりの金融業者だということを忘れてはいけません。

違法な金利で貸し付けをする

貸金業法には法定金利(年利20%)が定められています。これ以上の金利で貸し付ける業者はすべて闇金です。闇金はトサン(10日3割)、トゴ(10日で5割)という法外な金利で貸し付けます。不当に高い利息の支払いを求める業者は闇金で間違いないため注意しましょう。

許可なくSNSやメールで広告・宣伝する

正規の貸金業者には消費者に不利益となる広告・宣伝方法は禁じられています。しかし、闇金はダイレクトメール・FAXを送りつけてきたり、LINEやTwitterやSMS(ショートメール)から勧誘をするなど、違法な方法で広告・宣伝をします。悪質な方法で勧誘する貸金業者は闇金以外にありえません。

違法な取立てをする

闇金は利息を支払わせるためには手段を選ばず取立てをします。下記のような取立ては常套手段ですが、これらはすべて法律に違反する行為です。

・何度も電話・メールを送る
・早朝、深夜の連絡
・恫喝、脅しによる取立て
・第三者(家族や職場)への連絡

一般の貸金業者には禁じられており、このような行為をともなう取立てがあれば、それは闇金です。

闇金かどうかの調べ方

また、借りた相手が確実に闇金であるかを知りたい場合は下記の方法で調べることができます。

貸金業協会のホームページから検索する

日本貸金業協会は、商売敵とも言える闇金や悪質金融の情報を収集しています。それらをデータベース化しており、業者名などで検索すれば闇金かどうかを判別することができます。

【参考】:ヤミ金(悪質業者)の検索

金融庁のホームページから検索する

金融庁のホームページから、登録済の正規貸金業者を検索して調べることができます。借りた相手の業者名を検索してみて、ここに表示がされなければ、それは闇金業者と断定できます。

【参考】:登録貸金業者情報検索

電話番号検索から調べる

昨今では、ソフト闇金、090金融を代表するように携帯電話のみを使って活動する闇金が主流になっています。そのため、「電話番号検索サイト」を利用すれば闇金判定ができるかもしれません。

「電話番号検索サイト」とは、利用者から寄せられた固定電話番号・携帯電話番号の口コミ情報をデータベース化したものです。営業電話、詐欺電話、闇金などの情報を調べることができます。利用した業者の携帯番号を検索すれば闇金業者がヒットする可能性があります。

掲示板、SNSから調べる

掲示板サイトやSNSから闇金情報を調べることができます。5ちゃんねる、2ちゃんねる、爆サイ、Twitter内で借りた相手の情報を検索すると出てくる可能性があります。

ただし、それらの情報は玉石混交であり、業者が自作自演で書き込んだケースもありえます。

借りた相手が闇金ならすぐに取引を止めること

この記事をここまでご覧になって、「借りた相手が闇金かもしれない…」「闇金に間違いない…」ということならば、できるだけ早く取引を止めることです。

闇金に良い業者というものは基本的にありません。超高金利で違法に貸し付けをする業者ですので、一度借りてしまったら支払いを続けるのは難しくなります。別な業者から借りては返すを繰り返してしまい、結果的に多重債務に陥ります。

闇金問題は自力での解決は難しい

闇金には法律的に返済は不要です。しかし、借入れの際に個人情報や家族や職場の連絡先まで提出しているため弱みを握られています。また、相手は暴力的な態度に出てくるかもしれず、怖いと感じることでしょう。

実際に自分で交渉して支払いを止めようと思っても、闇金は「毎日電話をかけてくる」「家族や職場に連絡をする」などして、交渉に応じようとはしません。

闇金問題は法律の専門家に相談を

闇金問題の根本的な対処法は、警察か法律の専門家である司法書士・弁護士に相談することをおすすめします。

本来は警察に取り締まってもらうの一番です。しかし、警察は「事件性が低い」「借りた側にも落ち度がある」というように民事性が高い問題だと判断すると組織の特性上すぐに捜査に入りません。

そのため、司法書士・弁護士のような法律の専門家に相談するのが最も早い解決方法です。司法書士は、闇金に対して「取立停止」「返済しない」「利用者に今後一切連絡しない」という交渉をします。

しつこい闇金の場合、少し時間がかかるケースもありますが、大体において数日程度で解決します。

まとめ

お金を借りた相手が実は「闇金だった…」という場合、不安に感じ戸惑うことでしょう。しかし、借りてしまった以上は後戻りできません。闇金問題は長引かせずに早期解決が最も適切な対処方法です。

まずはご自身のケースを司法書士に相談してみませんか。

タイトルとURLをコピーしました