名誉毀損(めいよきそん)とは、他人の名誉を傷つける行為のことを指します。ですので、ネット名誉毀損(めいよきそん)とは、ネット上で相手の名誉を傷つける行為ということになります。

ネット上での名誉毀損は、ブログ、Twitter、掲示板など匿名で書き込みや投稿ができるサイトで頻繁に起こっています。

誰でも自由に表現できるのがネットの良さでもあるのですが、その反面、一方的な誹謗中傷に走る人がいたり匿名である無責任さから虚偽の情報を流してみたりと、悪しき面が取り沙汰されやすいのがネットの投稿です。

名誉毀損においては、悪意ある第三者が意図的に書いたものもあれば、意図せず書いた文章が名誉毀損になったというケースもあります。いずれにしても名誉毀損された側は大きな被害を受けることになります。このような名誉毀損が野放しにされて言い訳がありませんが、事はそう簡単ではありません。

ブログ、Twitterなど管理人・投稿者とコンタクトが取れるケースならまだ削除できる可能性が残されています。しかし、匿名掲示板などはサイト管理者に削除依頼しても表現の自由を盾にほとんどのケースで削除に応じてくれません。

ネットで名誉毀損を受けているのに泣き寝入りしたのでは、被害は拡大するばかりで良いことは何もありません。

専門家への相談が問題解決の近道です。