yahoo、Googleサジェスト対策

yahoo、Googleのサジェストに出てくる誹謗中傷の削除なら専門家にお任せ下さい。(最短1日~)

yahoo、Googleサジェスト対策(検索補助削除)で誹謗中傷キーワードが出た時の対策

サジェストとは、YahooやGogoleの検索窓に検索キーワードを入力している途中で、検索キーワード候補となる「関連検索キーワード」が自動的に表示されるものです。利用者としては、検索キーワードを全て打ち込む前に目的のキーワードが出てくることもあるため入力の手間が省けますので便利な機能と言えます。

しかし、このサジェスト(検索補助機能)で、企業や個人にとって表示されたくないキーワードが出てくる場合があります。例えば、 会社名を検索する際に「会社名+ブラック」が出てきたり、個人名を検索する際に「個人名+犯罪」などのキーワードが出てくるようなケースがあります。

このような、悪評キーワードは面白半分でそのままクリックされることが多く、そこに表示された検索結果の誹謗中傷記事は閲覧されるケースが高くなります。不特定多数の人に会社や個人の悪評が見られてしまうことになり、結果的に会社、個人の信用問題に繋がることになります。

Yahooは現在ではGoogleの検索エンジンを採用しており検索結果のランキングなどは基本的にはYahooとGoogleはほぼ同じです。しかし、YahooはGoogleエンジンをカスタマイズして使用しており、部分的に機能が違う箇所があります。

このサジェスト機能も同様で、Yahooは独自のプログラムを採用しており検索補助部分に出てくるキーワード結果はYahooとGoogleはそれぞれ違います。

どちらも共通しているのは「検索数が多いキーワード」、「関連性が高いキーワード」を自動抽出していますが、プラスアルファの要素としてYahooは時事的な情報をサジェスト結果に表示することが多く、Googleではキーワードとそれに一致したサイトが検索結果にあるかどうかを重視する傾向があります。

いずれにしても検索利用者はサジェストに出てきたキーワードをクリックする確率は非常に高くなっています。

Yahoo、Googleの検索補助部分で悪評キーワードが出ているようであれば、早めに対応しないと多くの検索利用者に会社の誹謗中傷記事が見られることになります。

このサジェストの削除はYahoo、Googleに直接削除依頼しても、まず対応することはありません。当社のような風評被害の専門家に依頼して頂き削除を進めていくのが確実な方法です。

サジェストキーワードでお困りの企業・個人の方はお気軽にご相談下さい。