Yahoo知恵袋削除
Yahoo知恵袋に書かれた誹謗中傷はそのままにしておくと、その悪評が拡散する可能性があります。できるだけ早期に削除対応をおこなうのが企業、個人にとってのリスクヘッジとなります。

Yahoo知恵袋の質問・回答の誹謗中傷の削除について

Yahoo知恵袋でネット風評被害を受けている企業、個人は少なくありません。そのため、当社にもYahoo知恵袋への質問・回答の削除についての相談が増加しています。

Yahoo知恵袋はYahooジャパンが運営する、質問者と回答者をつなぐ無料で利用できるQ&Aサイトです。そのサービスは2004年に開始されて、質問と回答数を合わせると3億6千万件(2013年6月現在)を誇ります。同様な競合サービスにOkwave、教えてgooなどがあります。

このYahoo知恵袋で悪意を持った回答者や質問者が、個人情報、プライバシー情報、法人への誹謗中傷などを質問したり、回答したり、あるいは回答の中にURL(リンク)を入れて誹謗中傷が書かれたページへ誘導する行為がおこなわれています。

Yahoo知恵袋は匿名で質問・回答ができるため、その回答も玉石混交な内容が含まれます。その中で、質問者が最も良い回答した人を選べるベストアンサーという機能は説得力を持ちます。しかし、中には悪意ある第三者が自作自演で誹謗中傷をベストアンサーに選ぶようなことをするケースが見られます。そうなると誹謗中傷の回答記事は閲覧回数が増えます。

困ったことにYahoo知恵袋の情報はYahoo本体の検索結果にも表示されます。また、Yahoo知恵袋はWeb上でも人気が高いため、Google(Yahoo)の検索結果にも質問・回答などが表示されやすくなっています。そのため、Yahoo知恵袋内に書かれた悪評がネット上で広く閲覧される結果となリ得ます。

また、誹謗中傷や風評被害とは別に問題となっているのがステルスマーケティングです。これは一般ユーザーを装って自社サービスを宣伝したり誘導するようなやらせ行為です。スタッフがこれらのやらせ質問・回答が無いかを巡回して“やらせ”と判断した場合は削除対応をおこなっていますが、風評、誹謗中傷に関しては積極的に削除対応してくれません。

繰り返しますが、Yahoo知恵袋も本体のYahoo検索同様に、質問や回答に書かれた悪評や誹謗中傷などの内容に関しては個人の表現の自由として削除依頼には基本応じてくれません。

ノウハウや専門知識を持つ当社のような風評サービス会社であれな、知恵袋内の権利侵害、名誉毀損に対して適切な削除サポートができます。

いわれない誹謗中傷の質問・回答でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。