自分 誹謗中傷 書込み

当社のようなネット誹謗中傷対策業者への書き込み削除の依頼は、「いたずら・いやがらせ」「プライバシー侵害」「名誉毀損」を受けた被害者ばかりだと思われるかもしれません。

しかし、「自分の書き込みを削除したい」という相談は珍しくありません。例え自分の書き込みであっても、投稿された後は、その書き込みの著作権は掲示板に帰属します。そのため、いざ削除しようと思っても簡単には削除してくれないのです。

ここでは、書き込んだ本人からの書き込み削除依頼にはどのようなケースがあるかご紹介します。

書き込んだ本人が削除依頼するケース

書き込んだ本人が削除依頼するなんて不思議に思われるかもしれませんが、どのような人たちから依頼があるのでしょうか。

例をあげると

・彼氏が浮気したので許せないからプライベート情報を書き込んだ。復縁は済んだので書き込みを削除したい
・お店を辞めたキャバ嬢に対して怒った店長が誹謗中傷を書き込んだ。復職したので書き込みを削除したい
・酔って勤務する会社の悪口を書き込んだ。冷静になって見たら書き込み者が自分とバレる可能性があるので削除したい
・辞めた会社の批判記事を投稿したらバレてしまった。内容証明が送られてきて、怖くなったので早く削除したい
・ニュースを見て知人の逮捕歴を書き込んだ。再就職できない姿を見ると気の毒なので削除したい

このように、「怒り」「不満」「復習」などの感情から「勢い余って書き込んだ」「怒りに任せて書き込んだ」というケースがほとんどですが、何らかの事情により自分が書き込んだ削除を消したいという相談が「風評被害バスターズ」にはよくあります。

例え本人の書き込みでも掲示板は削除してくれません

「自分が書き込んだ記事だから簡単に消してくれるだろう…」そう思う人は多いようですが、明らかな権利侵害や個人情報の開示など一定の条件を除き、ほとんどの掲示板やブログサイトの運営者は記事を削除してくれません。

5ちゃんねるなどの掲示板の削除ガイドラインにも書かれていますが、掲示板に書き込まれた記事の所有権はサイト運営者に移ります。そのため、例え、本人からの削除依頼であろうが、そこに書かれた記事はサイト運営側の著作物となるため、消すも消さないも運営側の判断に委ねられるということになります。

掲示板の運営側としては、いちど自社の著作物になったものを簡単に削除するということはしないのです。

書き込みを削除してくれるケースとは

ただし、一定の条件を満たせば掲示板側も書き込みを削除してくれるケースがあります。

【削除対応してくれるケース】

・実名、電話番号、メールアドレスなど権利侵害に類する個人情報の書き込み
・個人への差別や蔑視の書き込み
・犯罪性が高い書き込み(犯罪予告など)

上記のような「個人情報」「差別」「犯罪」に関する書込みは無条件で削除してくれますが、権利侵害、プライバシー侵害が明らかでないものは、いくら頼んでも削除対応してくれません。

自分の書き込みが削除できない場合にはご相談ください

まず掲示板に相手の権利侵害となる誹謗中傷を書き込む場合には大きなリスクがあることを理解しておかなくてはなりません。「書き込んだ情報は消せない可能性がある」、「投稿者の特定により復讐される可能性がある」からです。

実際に書き込まれた側がIPアドレスから書き込み者を特定して損害賠償請求をおこなったという事例は少なくありません。「酔った勢いで書き込んでしまった」「魔が差して書き込んでしまった」という場合には、まずは専門家である「風評被害バスターズ」にご相談下さい。

私たちは「5ちゃんねる」「爆サイ」「ホスラブ」などに自分で書き込んだ方の削除対応に多くの実績があります。迅速かつ低料金でサポートいたします。