ウィルス

スパムメール、ウィルス感染からパソコンを守るための対策と方法

ウィルス感染

スパムメール、ウィルスメールが毎日のように送られてきて困っていませんか?

ウイルスに感染すると、あなたのパソコンの大事なデータが消えてしまうかもしれません。それだけではなく、個人情報が勝手に流出して顔写真や名前などの情報がネット上でが独り歩きするかもしれません。

大切なデータとあなた自身を守るためにも、ウイルスに感染しないための対策を立てる必要があります。そのために、まずはウイルスがどのような経路でパソコンに入ってくるのかを見ていきましょう。

1.無料のウイルス対策ソフトに見せかけて感染

ウィルス開発者は巧妙な手段を使います。感染させるためには手段を選びません。無料のウィルス対策ソフトに見せかけて感染させる方法があります。この手口はソフトをダウンロードしようとしたり、どこかのページに飛んだ時に「あなたのパソコンは感染しています」と画面に表示します。 

そして、そのページを見たユーザーを不安にさせて「このウイルス対策ソフトをダウンロードすれば、あなたのパソコンは守られます」と誘導してきます。焦ったユーザーは「早くなんとかしなければ!」という気持ちが先走ってしまうためすぐにダウンロードしてしまいます。結果的にウィルスに感染することになります。

ネット利用時にアンチウイルスソフトを奨められても安易にダウンロードしてはいけません。

2.メール内のURLをクリックして感染

迷惑メールや、スパムメールの中にあるURLをクリックすると感染する。という被害が最近とても流行っています。スパムメールと思われるメールに対しては普段は開かない人でも、最近では巧妙に誘導するケースが増えています。

URLをクリックさせるために「甘い誘い文句」、「懸賞当選の連絡」、「知人を騙るメール」など様々な文章で興味を持たせます。

また、怖いのがスパムメール内に組み込まれたURLをクリックするとアドレス情報がわたってしまうことです。メールアドレスがスパム業者にどんどん流れて迷惑メールが届く数が増えることにつながります。

誰から届いたかわからないメール内のURLは、不用意に開かないようにすることです。不審なメールが届いたら何も見ずにそのまま削除することをおすすめします。

3.メールの添付ファイルから感染

上記はメール内に組み込まれたURLからの感染でしたが、他にも添付ファイルから感染することもあります。添付ファイルにウイルスを仕込んで、ファイルを開くように誘導し、開いた途端にパソコン内にウイルスを仕込ませます。

直接ウイルスが入ったファイルをダウンロードするわけですから、最悪の場合、ドライブに入っているデータがすべて消えたりてしまうこともあります。知らない相手からのメールや添付ファイル絶対に開かないことです。

4.公式ホームページを装った悪質ページを開いて感染

有名な商品・サービスの公式ページを装って仕込もうとする悪質な手口があります。本物によく似せたページに「個人情報などを入力させる」、「何かをダウンロードさせる」などの方法によりウィルスに感染させようとするケースもよく見られます。

公式ホームページが「偽ページやウィルスへの感染に注意を呼びかける」ことがありますが、その前に感染してしまっては後の祭りです。

5.フリーソフトをダウンロードして感染

ネット上には無料でインストールできるソフトが無数にあります。中には「無料でおすすめのソフトです」と信頼させるページを作り、ダウンロードを促しているものもあります。誰かが紹介していることに安心して、ダウンロードしてしまい、ウイルスに感染してしまいます。

無料だからといって「むやみやたらにダウンロードしない」、ダウンロードするときは「本当に安全か」を確認してダウンロードするようにしましょう。

6.中古PCからの感染

リサイクル品、友人から譲り受けたPCやスマホの中にウイルスが潜んでいたというケースもあります。有名な中古品販売サイトならウィルスチェックはおこなわれていますが、町の中古ショップで売っているものや、オークションなど、誰が使っていたかわからないものはリスクがあります。

中古品を使用する時にはウィルスソフトの使用は必須です。

7.ウイルスに感染するとどうなるのか?

ウイルスには悪質な種類のものがたくさんあります。大事なファイルが消えてしまう。文字化けする。開けない。パソコンの中に入っている個人情報が流出してしまう。勝手にパソコンを操作されてしまう。など、ざっとあげるだけでも恐ろしいものがたくさんあります。

【個人情報を盗まれる】
・クレジットカード情報を盗まれる
・ネットバンキングの番号を知られる
・会員ID、パスワードを盗まれる
・ホームページの閲覧履歴
・アドレス帳のデータが奪われる
・タイピングした情報がすべて見られる

【パソコンを壊される】
・ファイルを勝手に消去される
・パソコンの中身を書き換えられる
・ウイルス対策ソフトを無効にされる
・パソコンが正常に動かなくなる

【周りに被害を加えてしまう】
・掲示板に悪質なことを書き込んだことにされる
・スパムメールを送り付けてしまう
・ウイルスを色んな人にまき散らしてしまう

8.ウィルス対策はどうすればいいか?

ウイルスがいかに危険なことかおわかりいただけたでしょうか?個人情報流出なんてことになったら本当に怖いですね。しかし、ウイルスを入れないために万全の対策をほどこせばウイルスに怯えることもなくなります。

まずはウィルス対策ソフトです。ウイルス対策ソフトの中には利用するWEBページが安全かどうかを教えてくれます。そして危険なソフトのインストールや、怪しいページに対してアラートを出しアクセスすることを未然に防いでくれます。万が一ウイルスが入ってしまった場合でも同様にアラートを出して教えてくれます。ウイルスソフトは無料のものもありますが、無料ゆえに最新のウィルスに対応できていないケースがあります。有料でも名前が知られているウィルス対策ソフトの購入が安心です。

繰り返しますがウィルス対策には以下のような対応が必要ですので覚えておきましょう。

・知らないメールは開かない
・フリーソフトだからといってなんでもインストールしない
・もらったUSBや、使いまわしをしない
・怪しいページを興味本位で開かない
・ソフトウェアを最新の状態にする
 (最新の状態にすることで、パソコンの免疫力を高めることができます)

9.もしも感染したら

もしもうっかり感染してしまったら素早く以下のような手順で対策を講じることです。

・セキュリティーソフトを使う
  ↓
・脅威を探しあてる
  ↓
・原因となるファイルを消去する。

セキュリティーソフトを入れておけば、どこに脅威がひそんでいるのか検索してくれます。そのままウイルスを駆除してくれるものもありますので、セキュリティー性の高いものを選ぶのがいいでしょう。

10.中にはファイルを消しても潜むものもあります

ほとんどの場合が原因となるファイルを消せば、ウイルスを駆除することができます。しかし、中にはセキュリティーソフトでも駆除できない。ファイルを消去しても消えないものもあります。そのような場合は、最終手段として初期化をおすすめします。

大切なデータが入ったパソコンを一度まっさらな状態にしてしまうので、これはあくまで最終手段です。質の悪いウイルスに感染した時だけ使いましょう。また、初期化する前には必ず大切なデータはバックアップをとっておくことです。