スパムメール 迷惑メール

スパムメール、迷惑メールへの対策まとめ

spam-mail

ご自身のPCアドレス、携帯アドレスに大量のスパムメール、迷惑メールが送られてきて困っていませんか?

「毎日100通以上のスパムメールが届く…」、「ある日からスパムメールが急増した!」という悩みを持つ人もいます。「もう、いい加減にしてくれ!」と怒っているのは私だけでは無いと思います。

ひと頃よりスパムメールの送信業者は減りましたが、それでも、しつこく送信してくる業者は無数に存在します。誰が何の目的で送信しているのでしょうか?

スパムメールを送る理由とは?

迷惑メールを送るのは送信代行業者です。しかし、その依頼元となる広告主を見ると、出会い系サイト、競馬予想サイト、アダルトサイト、投資勧誘サイト、偽ブランド品販売サイト、キャッシング系など、人間の根源的な欲望を満たしてくれるようなサイトばかりです。

そのなかには、法的にグレーなサイトも存在しますし、完全に違法なものを売っているサイトも存在します。

このようなサイトはたいてい、広告の出稿基準を満たしていないので、一般のメディアには広告が打てません。そのため、スパムメールを広告として使うのです。

「今どきスパムメールが来ても見ないよ!」と思うかもしれません。しかし送信代行業者に支払うコストはかかりますが、メールを送るだけなら費用はかかりません。

そこで、何万通、何十万通と一斉にスパムメールを送信して1人でも引っかかればそれだけで利益が出てしまうのです。ですので、今もスパムメールが送り続けられているのです。

なぜ大量メールの送信が可能なのか?

しかし近年では、携帯キャリアや大手プロバイダーで大量メールの一斉送信はスパムメール業者だと認定され送信ができなくなるような仕様になっています。

では大量のスパムメールはどのようにして送信されるのでしょうか?

最近増えているのは、海外のゾンビパソコンを操ってスパムメールを送信する方法です。ゾンビパソコンとは、セキュリティの甘いパソコンをウイルスに感染させて、遠隔操作ができるソフトが仕掛けられたパソコンのことです。

このような何百台、何千台、なかには数万台以上もの海外のゾンビパソコンから、大量のスパムメールを送信すれば、「迷惑メール防止法」でも取り締まることができません。

また、不特定のネット利用者が自由にメール送信できる第三者中継メールサーバーというものがありますが、それを利用してスパムメールを送信してくることもあります。

なぜメールアドレスが漏れるのか?

スパムメールが送られてきているということは、そのメールアドレスがなんらかの理由で漏れたということです。メアドが漏えいする最大の原因は、懸賞サイトやアダルトサイトなどに個人情報を登録したことが挙げられます。

個人情報漏えい事件は、このような怪しいサイトだけでなく、大手企業でもしばしば発生しています。そこで、サイトには個人情報を登録しないようにし、もしどうしても登録しないといけない場合には「捨てることになってもかまわない予備アドレスやサブアドレスを使う」といった工夫が必要です。

サイトにメアドを登録しなくても、メアドが表示される掲示板に書き込みを行ったような場合、そのメアドが収集されてスパムメール業者に利用されている可能性があります。

ただし、サイトへの登録も書き込みもしたことがないメアドにもスパムメールが届くことがあります。その場合、単語をランダムに組み合わせてメアドを抽出するソフトを使って送られてきた可能性があります。

メアドが短かったり、推測されやすいものだったりするのであれば、その可能性を考えてみましょう。

ブロックしても送られてくるスパムメール

ドコモやau、ソフトバンクといった携帯キャリアでは迷惑ブロック機能が利用できます。また、プロバイダーでもスパムメールをブロックできる機能を持っています。

しかしそれでもスパムメールが届いてしまうことがあります。それはメールアドレスやドメインをどんどん変えて送ってくるからです。

そのため、特定のメールアドレスや特定のドメインをブロックしても、それを変更してスパムメールが送られてくるのでイタチごっこの状態になっています。

スパムメールへの対策まとめ

スパムメールを受け取らないもっとも有効な対策としては、メールアドレスを変更することです。その場合、「推測されやすい単語は使わない」「できるだけ長いメールアドレスを設定する」ことが変更後にまたスパムメールを受け取らないための重要な要素となります。

どうしても、「メールアドレスを変更したくない、でもスパムメールは受け取りたくない」という場合には、携帯キャリアやプロバイダーが用意している迷惑メールフィルタリング機能を使いましょう。

たいていは有料の追加サービスとなりますが、自動的にスパムメールを判定し学習することでそのフィルタリング精度も上がっていきます。無料の迷惑メールフィルターと比べると効果は絶大です。

それでもスパムメールが届いた場合には、とにかく開封しない、返信しないことが大事です。もし間違えて開封してしまったら、メール本文内のURLは絶対にクリックしないようにしましょう。