ネット上の誹謗中傷が多い場合には逆SEO対策が効果的です。

健康食品会社の逆SEO対策をおこない検索エンジンで誹謗中傷が排除されたケース。

健康サプリメントで逆SEOが成功した成功事例をご紹介します。

ご依頼を受けたのは有名な健康食品会社の総務部の方からでした。自社の健康サプリメントで検索した際に、個人のブログ、口コミサイト、掲示版などいろいろな誹謗中傷が書かれたサイトが多数あるので何とかして欲しいというご相談でした。

スタッフが調査したところ、この健康サプリメントはTVCMやネット広告などたくさんおこなっている商品で利用者も多いため、あらぬ誹謗中傷が書かれた掲示板、個人ブログなどがネット上で数多く見られるということでした。

実際にこの商品は優れた効能もあり、利用したことで体調が改善したというブログの書き込みなどもあり商品を高く評価している記事も見られました。しかし、有名な商品だからこそバッシングを受ける機会も同じく多いということです。

誹謗中傷対策としては、これら個人ブログや掲示板を一つ一つ削除しても、また新たな悪評ブログが出てくるため追いつかないと判断しました。まずは、逆SEO対策により検索エンジンでの誹謗中傷対策により拡散を防ぐことから始めましょうとのご提案をしました。

逆SEOとは、商品名、会社名で検索した際に出てくる誹謗中傷が書かれているサイトを1ページ目から圏外に落とす施策です。具体的には当社がご用意する複数サイトを該当キーワードでランクインさせて誹謗中傷サイトを圏外に落としていく方法です。

いろいろな検索キーワードで誹謗中傷が見られましたが、最も成約率やブランド価値に影響しているキーワードを抽出し、その対策をご提案しました。

ご了承を得た後に、逆SEO対策に着手しました。当社はGoogleアルゴリズム(プログラム)なども常に研究しており、どのようなサイトがこの逆SEOで効果が出せるか、豊富な経験により理解しています。

悪評が書かれた記事の中には、2サイトほど難しいサイトがありましたが、約3ヶ月の後には全ての誹謗中傷サイトを1ページ目から押し出すことに成功しました。

総務部の方は、社長から随分と褒められたということで喜びのご報告を頂戴しました。しかし、油断をしていると新たな誹謗中傷サイトがランクインしてくる可能性もあります。適宜メンテナンスをしながら誹謗中傷サイトを押し出したままの状態を保つようにスタッフは日夜努力しています。

検索エンジンで誹謗中傷記事を見られないようにする逆SEO対策は効果的な風評対策と言えるでしょう。