飲食店の誹謗中傷

飲食店を探す際の情報源としてネットの口コミやグルメブログなどを活用するのが当たり前になりました。外食する際にできるだけハズレを少なくして「美味しい」、「雰囲気がいい」食事を楽しみたい場合に最も頼りになるのがネットからの情報です。

ネット上には様々なグルメに関する口コミ情報サイトがありますし、また、個人でも食べ歩きブログを開設している人も数多くいます。利用するユーザーにとってはそれらの情報はとても便利なものです。

しかし、一方で問題となっているのが口コミサイト、ブログ、掲示板に悪評を書かれたお店やスタッフ側の立場です。飲食業は競争が厳しいので、「もっと美味しい食事を提供すればいい」、「悪評を糧にもっとサービスを強化すればいい」というユーザーの声があるのも事実ではあります。

しかし、あからさまに「不味い」、「汚い」、「接客が悪い」などの誹謗中傷を書かれたことで売上ダウン、スタッフが辞める、新しいスタッフが入らない、などの悪循環となる店舗がたくさん出ている現状があります。

さらに、問題となっているのがクレーマー的なお客が悪評を撒き散らすケースや特定の個人(店長、スタッフ)を口撃するケースです。

お店へ不満を持ったお客がクレームの方法として、スタッフの容姿や態度などをいちいち批判するような投稿がネット上でよく見られます。この中には、表現の自由を超えた、プライバシー侵害、名誉毀損にあたるような投稿も数多く見られます。

最近では賞味期限切れ食材の報道が頻繁に見られますが、「あそこの店は賞味期限切れ食材を使用している…」、「お客の食べ残しを使い回している…」などの風評被害も投稿されるケースが見られます。また、最近では競合店がライバル店の悪評をバラまくような事例も見られます。

これらを防ぐにはどのような手段が有効かは言うまでもありません。サイト運営者にこれらの悪評が書かれた投稿を削除して貰うのがもっとも適切です。

しかしながらサイト運営者はお店からの削除依頼に対して投稿内容に事件性が見られなければ投稿削除は基本的に対応しません。

このような店舗の誹謗中傷削除なら私たちプロであれば迅速に消すことが可能です。また、投稿者の特定をして法的手段に訴えたい場合にもご相談下さい。

食べログ削除ブログ削除をお考えの飲食店の方は風評被害バスターズまでご相談下さい。最短1日で削除対応します。