電話営業会社 電話営業会社 誹謗中傷 ネット口コミ削除

電話営業・電話代行会社でネット上に誹謗中傷を書き込まれて困っていませんか?テレアポによる営業活動をおこなう会社がネット上で悪評を晒される、さらには営業マンの名前や電話番号も晒されるというケースが増えています。

電話営業会社、電話代行会社の誹謗中傷を書き込まれるケース、問題点、その対策方法について解説します。ネット上の書き込み、口コミは早めに対策しないと被害が広がります。営業会社の方はぜひ参考にしてください。

電話営業・テレアポ会社はネットに悪評を書き込まれやすい

企業活動においては見込み客に対しての営業が重要になります。その営業活動時に多く利用されるのが電話営業です。電話営業は限られた時間の中で多くの見込み客に接触できますので、非常に有効な営業開拓手法と言えます。

顧客を開拓する会社にとっては有効な方法ですが、一方で、電話を受ける側にとっては迷惑になることもしばしばです。しかも、同じ会社から何度も電話営業を受けると、それを不満に思う人は少なくありません。そのため、ネットに悪評を書き込まれてしまうケースが多く見られます。

どこに悪評を書き込まれるの?

電話営業会社が誹謗中傷を受ける際に、よく書き込まれるのは以下のネットメディアによく見られます。

5ちゃんねる
・掲示板、ブログサイト
Yahoo、Googleサジェスト
Yahoo、Google関連検索
・グーグル・マップ
JPナンバー

書き込まれる内容は、「迷惑電話◯◯株式会社」「電話営業うざい◯◯株式会社」「電話違法行為◯◯株式会社」など、具体的な会社名+悪評がネット上に晒されてしまいます。

電話営業・テレアポを使う会社はネットの書き込みに要注意

電話営業、テレアポを営業に取り入れている会社はたくさんあります。そんな営業会社・電話代行会社の中には、ネット上に悪評を書き込まれると、営業的な損失は小さくありません。

ネット上に書き込まれた悪評は削除しなければ残り続けます。会社名で検索すればその書き込みは「取引先に見られる」「新規に電話した会社に見られる」という可能性が高くなります。そうなると、営業活動への悪影響、受注活動への悪影響がでますので、それらの書き込みは早急に削除する必要があります。

以下のように電話営業・テレアポを使う会社は要注意です。心配な場合には、自分の会社名や電話番号をYahoo、Googleで検索してみましょう。

・求人サイト・求人代理店
・広告代理店
・広告メディア
・金融商品販売
・不動産会社
・電話回線事業者
・コールセンター
・SEO会社
ほか

そこで、悪評が出てきたら、知らない間に営業的な損失が発生している可能性があります。

電話営業は自社でおこなうだけでなく、電話代行会社を利用するケースもあります。その代行会社が強引な電話営業をしていることもありますので、電話代行会社を使っている会社も安心できません。

ネットの会社悪評は風評被害バスターズへ

ネットの誹謗中傷、風評被害対策は思い立ったら早めの対応が大切です。しらない間に悪評が拡散する可能性があるからです。また、会社名だけでなく営業マンの名前までが書き込まれるようになると、経済的損失だけでなく、会社内の人事管理にも影響します。

ネットで悪評が立ったら、まずは風評被害バスターズまでご相談ください。