ペットショップ誹謗中傷

トリマーとは元々、「トリミングを行う人」という言葉が語源です。そのため、トリマーとは「不必要な部分を除去、カットする人」という意味になりますが、転じて、日本で一般的にトリマーと言えば、犬や猫など、人が飼っているペットの毛をカットしたり、全体的な手入れをしたりしてあげる仕事に従事している人のことを指します。

具体的な仕事としては、ペットショップや動物病院などに在籍して、犬や猫に対してシャンプーや毛のカット、爪きり、耳掃除、健康チェックなどを行うことです。

なおトリマーには国家資格は存在しませんので、無資格で仕事をすることも可能です。ただ、民間が設定している資格はあり、その資格を取得して仕事をしているトリマーも数多く存在します。

トリマーが仕事を行う相手はペット(たいていは犬が主体)です。そのため、そのペットの飼い主ではないトリマーに対しては、吠えたり動いたり、ときには噛んでくることもあります。そこをうまくなだめてトリミングを行っていくのはトリマーの技量となりますが、それでも言葉の通じないペットをトリミングするのは苦労することがあります。さらに近年のペットブームにより、愛犬や愛猫を実の子ども同然か、それ以上に可愛がる飼い主も増えています。

しかし、トリミングする際に暴れるペットの場合、意図しない傷を付けてしまうことや毛を切りすぎたりすることもあります。このような事態となった場合でも、その場でクレームを付けられたのであれば、相手の話を真摯に受けとめて対応をしていくことで問題は収まることが大半です。

ただしかし、その場でクレームを付けるほどではなかったものの、「ウチの○○ちゃんをこんな風にして!」と家に帰ってから不満を増幅させるような飼い主も存在します。そして、その不満のはけ口をネットに求め、口コミサイトや掲示板、ブログなどに対してトリミングをしてもらったペットサロンの悪評を書き込む場合もあります。

また最近ではペットサロンの比較サイトなども数多く存在し、そこにはペットサロンごとの口コミを書き込めるようになっています。その比較サイトに自店の悪評が書き込まれてしまえば、いつまでも悪評がネット上に残り、来店客数の減少にもつながりかねません。

このような悪評の投稿を削除したいのであれば、掲示板やブログなどの投稿削除で実績のある風評被害バスターズへ、お気軽にご相談下さい。