オンラインゲーム誹謗中傷

若い男女から中高年まで幅広いユーザーが利用するオンラインゲームですが、匿名やハンドルネーム(キャラクター)で利用できるせいもあって、一部の利用者が誹謗中傷を繰り返す問題が起きています。

最近のオンラインゲームでは、MMORPGと呼ばれる複数のプレイヤーが同時に利用できるゲームが人気で、「協力」、「対戦」、「コミュニケーション」に大別され、キャラクターの動作、チャットにより意思表示しながら同時にプレイします。

オンラインゲームでは、当然ながらゲームのスキルはそれぞれのプレイヤーによって違います。誹謗中傷を繰り返す人は自分の優位性を誇示し、他のプレイヤーに対して罵詈雑言をはいたり、キャラクター名を名指しで批判するなどの行為をおこないます。

また、中にはゲームの掲示板やフォーラムなどに誘って個人情報を聞き出し、その情報を2ちゃんねるなどの掲示板に晒して楽しむような悪趣味な利用者もオンラインゲームの中には存在します。

ゲーム運営会社に被害届を出しても、本気で取り合ってくれないケースがあります。と言うのも誹謗中傷をおこなうユーザーがたくさんのアイテムを購入するようなヘビーユーザーの場合には、お金を落としてくれる大事なお客さんなので本気で注意してくれません。

ゲーム内での誹謗中傷なら無視するか、一旦別のゲームで遊ぶなどの回避措置がとれば良いですが、しかし、ネットに個人情報を晒されてしまったら大問題です。拡散されないようにできるだけ早めの削除対応が必要です。

また、それとともにあまりにも悪質な誹謗中傷を繰り返す人間がいたら、それが誰なのか特定するのも一つの方法です。内容証明郵便を送って誹謗中傷をさせないようしたり、あるいは事案によっては損害賠償請求や慰謝料請求をおこなうことも可能です。

風評被害バスターズでは、掲示板に書かれた誹謗中傷の削除、犯人の特定、さらに書き込まれた場合の適切な対応方法のアドバイスをさせていただきます。

このようなオンラインゲームの誹謗中傷のような警察が介入しない民事事件、ゲーム運営会社が本気で対応しない問題の場合には、私たちネットトラブルのプロにご相談下さい。