ナスコミ口コミ削除依頼
ナース(看護師)専門の口コミサイト「ナスコミ」に貴院の誹謗や中傷、心ない書き込みをされてしまい、削除依頼をする方法をお探しではないでしょうか。

「ナスコミ」は、いわゆる巨大掲示板のようなサイトではありませんが、看護師資格を持っている人たちにとってはとても便利なサイトです。

就職活動の際に参考にする可能性が高いサイトであるため、ここに不適切な書き込みをされてしまうと、看護師の募集活動されている病院やクリニックの方々にとって、深刻な不利益になってしまいます。

そこで当記事では病院やクリニックの採用活動において妨げになってしまうような「ナスコミ」の書き込みに対する削除依頼の方法について、また削除依頼に応じてもらえない場合の対処について解説します。

目次

「ナスコミ」ってどんなサイト?
「ナスコミ」のポイントシステムについて
「ナスコミ」にはどんな口コミがある?
「ナスコミ」の口コミ投稿ルール
「ナスコミ」に削除依頼を申請する方法
「ナスコミ」に削除依頼をしたのに削除されない場合はどうする?
誹謗中傷をした相手を特定する方法

「ナスコミ」ってどんなサイト?

「ナスコミ」とは、看護師向けの求人情報サイトです。それだけなら他にも同様のサイトがあるのですが、「ナスコミ」の最大の特徴は、実際に病院やクリニックなどで働いた経験を持つ人が口コミを投稿できる仕組みがあることです。

ナースの口コミという意味で「ナスコミ」と名づけられています。

これから就職を検討している職場がどんなところなのかというのは誰もが気になるところなので、事前に経験者の口コミを見ることができるのは「ナスコミ」の強みです。

しかも口コミには実に多くのカテゴリーがあり、給与面や待遇、福利厚生などといった表に見えているカテゴリーだけではありません。人間関係やママナースの働きやすさ、入職後に感じたギャップ、退職理由といったように、実際に勤めたことがある人でないと書けないような生々しい情報を投稿しやすくなっているのも特徴です。

なお、この「ナスコミ」を運営しているのは株式会社アーケロンプロダクツという東京都渋谷区の会社です。同社は他にも医学生や薬学生向けの就職活動サイト、看護師向けの職場レポートサイトなどを運営しており、医療分野での就職支援を主な事業としています。

「ナスコミ」のポイントシステムについて

「ナスコミ」には、ポイントシステムがあります。自分が気になる口コミを読もうと思うとポイントが必要ですが、その一方で自分の経験談を口コミ投稿するとポイントが付与されます。

このポイントが「ナスコミ」内では通貨のように扱われており、口コミの投稿を促進する形になっています。

口コミの閲覧には100ポイント必要ですが、自分の口コミを投稿すると100ポイントが付与されます。100ポイントあれば全部の口コミ閲覧ができるため、自分は勤務経験のある病院やクリニックについて1件の口コミ投稿をすることで「ナスコミ」全体を利用できるようになります。

「ナスコミ」にはどんな口コミがある?

それでは「ナスコミ」には、どんな口コミが投稿されているのでしょうか。全体的な印象では根拠のない誹謗中傷という感じの投稿はあまり見られず、極めてリアルな内容の記述が目立ちます。

「職場の雰囲気、人間関係」というカテゴリーがあるため、ここでは誹謗中傷が多くなりそうな印象もありますが、こちらも比較的まっとうな投稿が多い印象です。

ただし、言葉は丁寧であってもそこには不満がにじんでいるような投稿もあるので、運営側に削除されてしまわないように注意しながら逆恨みのような内容を書き込もうとしている人は多いように見受けられます。

表面上は言葉が丁寧で建設的な口コミも多いだけに、こういった空間に誹謗中傷が書き込まれた場合はかなり目立つことでしょう。それだけに、不適切な書き込みをされてしまった場合には早急に対処をする必要がありそうです。

「ナスコミ」の口コミ投稿ルール

「ナスコミ」では病院やクリニックの口コミ投稿をする際に誹謗中傷の書き込みを禁じる警告を表示しています。それに従わない場合は会員停止もあり得るとしており、かなり問題投稿に対しては毅然と対応していることが窺えます。

また、利用規約においても口コミ投稿の内容によっては第三者から損害賠償の請求や名毀損によって訴えられる可能性があることを注意喚起しており、それがたとえ匿名であっても法律上の責任から逃れられないという主旨の文言があります。

「ナスコミ」としても書き込みの内容によっては対象となる病院など看護師を採用しようとしている施設が大きな不利益を被る可能性があることを理解しており、特にネガティブな投稿には神経質になっているようです。

「ナスコミ」に削除依頼を申請する方法

比較的悪質な書き込みは少ない印象の「ナスコミ」では、運営側が誹謗中傷などの不適切な書き込みについて監視が行き届いているのかも知れません。

なお、自分で口コミを書き込む際には「個人を特定できる内容」「虚偽、誹謗中傷」などについて非掲載にした上で会員停止にすると警告しているので、これも悪質な書き込みに対する抑止力になっていると思われます。

しかし、運営側も人間なので監視をすり抜けて掲載されてしまう可能性があるため、「ナスコミ」に誹謗中傷を書き込まれた場合の削除依頼方法を確認しておきましょう。

「ナスコミ」への投稿削除依頼は、サイト内のお問い合わせフォームから行います。名前とメールアドレス、そして削除を依頼する内容の文面をお問い合わせ内容に入力して送信をすればOKです。

【参考】:お問い合わせフォーム(ナスコミ)

ナスコミが削除してくれないケース

「ナスコミ」に削除依頼をしたのに削除されない場合はどうする?

「ナスコミ」ではそれほど日々多くの口コミが投稿されているわけではなく、削除依頼をしても多忙を理由に運営側が対応してくれないということはあまり考えにくいと思います。

それでも削除依頼に対応してもらえない場合は誹謗中傷が目立ってしまうため、放置はできません。削除依頼に応じてもらえない時の対処として有効なのは、裁判所に仮処分の申し立てをする方法です。

お問い合わせフォームからの削除依頼については法的に対応をする義務はなく、対応するかどうかは運営側の裁量に委ねられますが、裁判所で仮処分の決定が出た場合は法的な強制力をもって削除依頼をすることができます。

この仮処分申し立ては本人が自ら行うこともできますが、法的な知識が求められるため、貴院に顧問弁護士がいる場合は最も身近な弁護士に相談するのが得策です。

そういった弁護士がいない場合はネット上でのトラブルに強い弁護士や風評被害対策に強い業者などに相談するのが良いでしょう。

誹謗中傷をした相手を特定する方法

「ナスコミ」に誹謗中傷を書き込まれた場合、その人は貴院で働いた経験がある可能性が高いでしょう。過去に退職した人の中からそういった書き込みをしそうな人物を洗い出していくことで誹謗中傷をした張本人を特定できるかも知れません。

しかし、その心当たりがない場合やあまりにも退職者の人数が多くて特定が困難である場合は、こちらも法的手段による開示請求と接続記録による相手の特定という手段を講じることになります。

具体的には「ナスコミ」の運営会社である株式会社アーケロンプロダクツに該当する書き込みのIPアドレス開示請求を行った上で、そのIPアドレスからプロバイダを特定、次はプロバイダに接続記録の開示請求をして誰がいつ「ナスコミ」にアクセスをして書き込みをしたのかを特定します。

この開示請求など一連の手続きには法的な強制力が必要なので、やはりこの場合であっても弁護士や風評被害対策の専門家に相談するのが最も確実です。風評被害バスターズはご相談・見積もり無料です。お気軽にご相談ください。