ネットワークビジネスへの誹謗中傷

ネットワークビジネスとは、人が持つネットワークを介して商品を宣伝したり販売するビジネスの形態です。

日本ではマルチ商法、ねずみ講などの名称で呼ばれることも少なくないですが、発祥の地である本国アメリカではたくさんの成功企業がありビジネスとしても認められています。

中にはリファーラルマーケティング(紹介ビジネス)という考え方で「中間マージンを抜いて適正額で販売」、「信頼できる人からの紹介製品」というビジネスモデルで成功している会社もあります。

ネットワークビジネスで活躍する営業マンは、販売額が増えればそれだけ多くのインセンティブが受けられたり、組織の中で昇進できるため猛烈な営業活動を行う人もいます。また、組織によってはノルマが科されている会社もあります。そのためやや強引な販売がおこなわれるケースが見られるためネットワークビジネスは世間的に評判を下げる結果になっています。

しかし、これらの企業は必ずしも全てがブラックな組織ばかりではなく、商材も健康食品、化粧品、生活日常品などの商品を扱いその商品力も評判が高く評価されている組織もあります。その中にいる営業マンも自社商品に自信を持って販売している人たちも大勢います。

ただし、強引な販売スタイルの営業マンがトラブルを起こすためか、ネット上の掲示板などで悪評が立ちやすく誹謗中傷のスレッドもあちこちで見られます。

このような組織も、商品が粗悪で販売も押し売り的であればネット上で叩かれるのもやむを得ませんが、 正しくビジネスをしているのに販売方法がネットワークだからと言って誹謗中傷を受けている組織もあります。もし、そうであればネット上の投稿がさらに評判を押し下げることになりますので早めの削除対応が必要と言えます。

掲示板、ブログ、検索エンジンのサジェストなどで悪評を書かれた場合には風評被害バスターズへご相談下さい。

投稿削除、逆SEO対策、風評監視など誹謗中傷、名誉毀損などに対して各種サポートいたします。