NAVERまとめの権利侵害となる記事、著作権侵害にあたる記事、誹謗中傷でまとめられた記事でお困りではありませんか?

ネット削除の専門家である風評被害バスターズまでご相談下さい。

NAVERまとめとは

NAVERまとめとは、LINE株式会社が運営するキュレーションプラットフォームというまとめメディアです。親会社は韓国企業のNAVERで、あのメッセージアプリを運営するLINEも運営している会社です。

NAVERまとめ無料登録を済ませれば、匿名でだれもが簡単にまとめサイトをつくることができます。NAVERまとめは、自社でアフィリエイトプログラム(インセンティブ制度)を設けており、PV数に応じて報酬を受取ることができます。それもあり、アフィリエイターたちの副業の場として、たくさんのまとめサイトが毎日量産されています。

このNAVERまとめで問題となっているのが、他サイトからの無断転載、著作権侵害、記事盗用、画像のパクリなどの問題です。

キュレーションメディアで起きているトラブル

某大手メディアの医療情報記事のパクリ、盗用の問題に端を発して、大手のキュレーションメディア、まとめサイトは根拠がない情報やモラルに反する記事を自主的に削除しています。

しかし、中には盗用されたり、著作権侵害にあたる記事が今も掲載され続けているなどその対応は十分とは言えないのが現状です。もし、NAVERまとめ以外のキュレーションメディアで以外でも記事や画像をパクられたら削除申請をするべきでしょう。

なぜ起こる?NAVERまとめの無断転載、著作権侵害の記事

そんな中でNAVERまとめは、無断転載、著作権侵害、パクリの温床となっています。

NAVERまとめは、LINE株式会社がまとめサイトのシステムを提供しており、後はユーザー(会員)の自己判断でサイトをつくるという体裁を取っています。コンテンツ作成のガイドラインはあるものの、無断転載、著作権侵害などの管理体制はできておらず、アフィリエイター任せで、そのコンテンツはある意味無法地帯と言えます。

アフィリエイターも世間で起きたトラブルや炎上ネタなどをいち早くNAVERでまとめればPV数を稼げるということもあり何でもありな状況であり、運営側も縛りを設けずにアフィリエイターに競わせている感もあります。

パクリ記事、パクリ画像の横行

まとめ記事ならば、他サイトのURLやサイト名を紹介するのが筋というものですが、モラルのないアフィリエイターがパクリを繰り返すのが問題となっています。

中にはPV数を稼ぐためなら、ネット上にあるものは何でも盗用して自分のコンテンツにしようとばかりに、無断転載、パクリが横行している状況があります。

NAVERまとめは削除してくれない

NAVERまとめは、広告収入で運営しています。そのため、まとめ記事はそれぞれお金を生む金の卵です。そう簡単には削除しません。

著作権侵害にあたるまとめ記事の削除申請は専用のフォームから「権利侵害」、「著作権」から選択して申込みができますが、削除理由とともに自社サイトの該当箇所のキャプチャー画像が必要です。画像がなければ、依頼者の氏名、住所、身分証明などの情報提示が必要になります。

このように面倒くさい手続きを踏ませて削除を諦めさせるような対応を取ります。また、頑張ってすべて提出して削除依頼を出しても、それで必ず削除対応できる訳ではありません。

NAVERまとめが削除できないなら専門家へ

NAVERまとめは、2ちゃんねる、爆サイなどの掲示板などに書き込まれる誹謗中傷の問題よりも、無断転載、著作権侵害などのトラブルが多く見られます。しかし、中には企業やブランドに対して言われない誹謗中傷がまとめられた記事なども散見します。

NAVERまとめで盗用された、記事を放置していると検索エンジンの順位にも悪影響となります。また、画像などは他サイトにもどんどんとパクられる可能性が出てきます。

NAVERまとめの削除依頼を出しても対応してもらえないなど、お困りなら専門家までご相談下さい。