youtube削除

youtubeなど動画での誹謗中傷、権利侵害、プライバシー侵害のトラブルが増えています。「風評被害バスターズ」は素早く動画を削除します。

youtubeなど動画による誹謗中傷などの被害で困っていませんか。

インターネット上ではスマホを中心として動画のアクセスが増えています。その動画人気と比例するように動画サイトで個人のプライバシーを侵害されるような被害が相次いでいます。

「自分が写っている動画を削除できないか」、「会社が動画やスライドなどにより誹謗中傷を受けている」などの相談が当社にも多数寄せられています。

さらにリベンジポルノのように元カレが性行為時に撮影した動画を嫌がらせ目的で動画アダルトサイトにアップするというケースや、風俗サービス利用時に性行為を盗み撮りしてそれを動画サイトにアップしてお金を稼ごうとするケースも見られます。いずれも女性が被害者です。

このようなアダルトサイトに動画削除依頼をしても、運営側としては動画を載せておくことで、それがコンテンツとなりアクセスが増えて利益も得られますので、簡単に動画削除に応じないケースがほとんどです。

また、個人ブログなどにこのような隠し撮り動画をアップして小遣い稼ぎをするアフィリエイターなどもいます。いずれにしても、 当社のような風評被害の専門家が本腰で交渉をしないと削除に応じない場合がほとんどです。

動画による被害は、youtubeなどの無料動画サイトでも頻発しています。youtubeで多いのは著作権の侵害です。会社や個人が持つコンテンツやキャラクターなどを勝手に第三者が使用したり、アップロードして金儲けをしようとするケースが見られます。

著作権侵害では海外から無断でアップロードするケースも多く削除対応をどうすればいいか分からないという人も少なくありません。

他に問題となっているのが肖像権の侵害です。 これは第三者が自分が写っている動画を勝手にyoutubeにアップするような被害です。知り合いや会社の人に見られたくないようなシチュエーションを動画に取られてしまい、それを無断でアップされるなど肖像権の侵害はいろいろな状況で起こっています。

さらに問題なのがGoogleの検索結果にその動画が表示されることです。youtubeはGoogleの子会社ですのでGoogleの検索結果に表示されやすくなります。 Google(Yahoo)で個人名や会社名で検索した時にその動画がランキング表示されると被害はさらに拡大します。

いずれにしてもこのような動画が晒されたままになっていては、泣き寝入りとなってしまいます。

動画によるトラブルはこれからますます増えていくと予測されます。もし、被害を受けたら私たちネット削除の専門家にご相談下さい。