jpnumber

Pナンバー(日本電話番号検索)に書き込まれた誹謗中傷で困っていませんか?

JPナンバーに書き込まれたネガティブな口コミにより、営業的なダメージを受けている店舗や会社は少なくありません。JPナンバーの書き込みは早めに削除しないと、知らない間に損失が広がっているケースがあります。

JPナンバーの削除依頼と方法について解説します。

JPナンバーとは

JPナンバーとは、電話番号、店舗名、会社名、住所、業種などから電話番号の情報が検索できる無料サイトです。サイトに登録する必要はなく、誰もが電話番号とそれに紐付いた事業者情報や口コミを書き込むことができます。

国内の電話番号検索サイトではNo.1のシェアがあります。グーグルやヤフーで電話番号検索したときに、JPナンバーは必ず検索結果の上位に表示されますので、多くの人が利用しています。

このJPナンバーは、迷惑電話、営業電話、など「悪質な行為をおこなうお店や会社名をさらすことができる」「悪質な行為をおこなうお店や会社名を調べることができる」というのが、そもそものサイトの特徴です。そのようなサイトの特性もあってか、誹謗中傷の書き込みが多くなっています。

JPナンバーは、運営会社名も公表しておらず、誹謗中傷の口コミによってサイトが荒れることを良しとしているようにも見受けられます。その方がサイトにアクセスが増えて広告収入が多くなるためでしょう。

悪評の口コミを書き込まれるお店や会社の中には、実際に迷惑電話や勧誘電話などを頻繁におこなっているケースもありますが、そうではないお店や会社まで、あらぬ誹謗中傷の書き込み被害を受けることもよくありますので注意が必要です。

また、JPナンバーに誹謗中傷を書き込まれたら、もれなく検索エンジンにも掲載されますので、多くの人に見られる可能性があることを理解しておかなくてはなりません。

JPナンバーの利用シーン

自分の携帯に知らない番号から着信があったとします。相手が誰だか分からないので、すぐに折り返し電話するのは不安です。そんなときに「グーグルで電話番号検索をする」「JPナンバーで電話番号検索する」ことにより、相手が誰なのか分かることがあります。

また、会社に営業電話(迷惑電話)や提携の相談電話があったときに、同じくJPナンバーを利用すれば、その会社の評判や口コミを見ることができます。その会社と取引するかなどの判断材料になるでしょう。

このようにJPナンバーは、電話番号をもとに相手の素性を調べることができるので使い方によっては便利なサイトと言えるでしょう。

しかし、便利な反面、5ちゃんねるのような無料投稿サイトにありがちな、他人を権利侵害(名誉毀損、プライバシー侵害)するような書き込みが多いため、被害を受ける店舗、病院、会社などは少なくありません。また、書き込まれる内容も事実に反することが多いのが特徴です。

JPナンバーの誹謗中傷のケース

JPナンバーはサイトに登録することなく、誰もが自由に会社や店舗への口コミを投稿することができます。いわば会社やお店の評判口コミサイトや無料掲示板的な使われ方がされています。

無料口コミサイトはどのサイトも同じことが言えますが、誹謗中傷の温床になりがちです。実際にあった出来事も書き込まれるとはいえ、多くは誇張されたり、有る事無い事”悪口”を書き込まれるケースも少なくありません。

その誹謗中傷がJPナンバー内でしか閲覧されないならば被害はさほど大きく無いのですが、グーグル(ヤフー)で会社名や店舗名、また電話番号で検索したときに、JPナンバーのスレッドが、検索結果に表示されることがあります。

そうなると、「お客さん」「取引先」「リクルーター(求人応募者)」に悪評を見られてしまうことになります。他の掲示板やSNSにも拡散するなど、2次被害、3次被害となってお店や会社の評判が落ちることになります。

JPナンバーの削除依頼はプロへ相談

JPナンバーに書き込まれた誹謗中傷を削除したい場合には、メールで削除依頼をすることができます。しかし、その書き込みが実際に削除対応してもらえないケースがあります。一般の人からの削除依頼に対しては、依頼方法を適切でなかったり、あるいは権利侵害に関する記述が曖昧だと、相手にしてもらえないことがよくあります。

そのような場合にはプロに相談して適切なアドバイスを受けてみませんか。JPナンバーの書き込みを放置しても良いことは何もありません。風評被害バスターズはメールなら24時間受け付けしています。どうぞ、お気軽にご相談下さい。