2ちゃんねるなどの掲示版に「個人情報を書き込まれた」、TwitterなどSNSに「根も葉もない噂をツイートされた」。そんな時には書き込んだ投稿者(犯人)が誰なのか特定したいと思います。

当社にお任せいただければ誹謗中傷を書き込んだ相手が誰なのかIPアドレスの情報をもとに調査をおこない特定することができます。

誹謗中傷を書き込んだ投稿者をそのままにしては被害が拡大する

ネット上では匿名で活動できるのをいい事に、掲示板、ブログなどに個人のプライバシー情報や会社の悪評を書き込んで喜んだりして、何らかの恨みを晴らそうとする人間がいます。

会社に対しては、在職中の社員や元社員が会社への不満や上司への不満から、恨みを晴らすべく掲示板上に有る事無い事を執拗に撒き散らすケースが見られます。あるいはライバル会社が営業妨害をおこなっているような事例も少なくありません。

また、個人の場合には、その人の容姿や行動・態度への批判だけでなく個人情報やプライバシー、過去の履歴や前科などまでしつこく投稿するような人間がいます。その犯人も別れた彼氏、彼女、知人・友人、先輩・後輩など以外な人が書き込んでいたりします。

ネット社会には表現の自由というものが尊重されますが、個人・会社への批判も限度を超えた陰湿な犯罪のような投稿が見られます。このような誹謗中傷をそのまま放置しては会社にとっては営業活動に大きな影響を来します。また、個人にとっては社会生活を送る上で不自由になる事態が起きかねません。

誹謗中傷を書き込まれたら速やかに相手を特定しよう

誹謗中傷を書き込まれた側にとっては憤懣やるかたないところです。そのまま手をこまねいているだけでなく何とかして相手を特定したいと考えるのは自然な行為です。

「サイバーストーカーが誰か知りたい」、「損害賠償を検討したい」、「公式に謝罪して欲しい」と考えたら、書き込み投稿者の特定をおこなうのが根本的な解決方法です。

IPアドレスから書き込んだ相手を特定調査する

「書き込み投稿者の特定」は、プロバイダ責任制限法という国が定めた法律で認められている行為です。この法律の趣旨として、ネット上で権利侵害された場合には、「損害賠償責任の制限」、「発信者情報の開示」という2つが規定されています。

つまり、ネット上の権利侵害に対して損害賠償請求をするためには、投稿者の情報は開示されるべきだというものです。

具体的な方法として、まずは裁判所に対してIPアドレス開示のための申立てをおこないます。そして、IPアドレスからプロバイダーを探り当て、プロバイダーに対して情報開示請求の訴訟提起をおこないます。これにより、ほとんどのケースで書き込み投稿者の特定が可能です。

書き込んだ相手を特定後の対応

風評被害バスターズにお任せいただければ、面倒な手続きが発生する「書き込み投稿者の特定」を迅速にサポートします。

特定した後は
・公式に謝罪させる
・二度と書き込まないと誓約書にサインさせる
・損害賠償請求をおこなう

など、特定後は依頼者のご意向に任せるかたちとなりますが、どのような解決が望ましいか当社専門スタッフがサポートさせていただきます。

いずれにしても、これで執拗なネット上の攻撃から解放されることになります。書き込み削除とともに相手の特定をおこないたい場合には当社までお気軽にご相談下さい。