歯医者誹謗中傷

歯医者(歯科医師)とは、国家資格である「歯科医師」の資格を取得して、歯や口腔内の治療を行う人(あるいはその治療所)のことを言います。また最近では、美しさに焦点を当てた治療を行う「審美歯科」も増えています。

歯科医師とは「医師」とは別の単独の資格であるため、歯や口腔以外の治療を行うことができません。しかし、歯科医師資格を持った人は毎年2500名以上増えているほか、一般のクリニックよりも開業しやすいことから歯科医院数はうなぎ上りに増えています。その結果、最近では「歯科医院の数はコンビニの数よりも多い」とまで言われています。

家の周辺には多くの歯科医院があると思いますが、多いからこそ、一般の病院やクリニックよりも気軽に通いやすいと言えます。ただその分、クレームも多くなるのは必然と言えます。

たとえば、「治療中に痛かった」「思ったとおりの治療をしてくれなかった」「考えていたよりも高額な料金を請求された」「いつも予約時間より遅れて治療がスタートする」など、クレームにはさまざまなものがあります。

しかし歯医者といえども医師の範ちゅうであるため、直接のクレームはなかなか言いにくい、といった状況があります。このように直接クレームを言えない分、これらの不満のはけ口としてネットがターゲットにされやすくなります。

そしてネット上には口コミサイトや掲示板、ブログなど、そのはけ口の対象となるサービスはたくさんあります。また数が多すぎる歯科医院の選ぶ基準としてネットを選ぶことも多く、歯科医院が独自に作成しているホームページ以外に「歯医者の比較サイト」などが存在し多くの人たちに利用されています。

これらのサイトに対して実名入りで悪評が投稿されれば、書かれた歯医者の信用が失墜し来院する患者数が減ってしまう原因となってしまいます。さらに、歯医者に対する名誉毀損やプライバシーの侵害につながる場合もあります。

悪評の中には投稿者の勘違いによるものや、欲求不満のはけ口として投稿されているものなどもありますが、ネットの利用者にはそのことはわかりませんので厄介です。

また歯科医院の大半は一人の歯医者で開業しており、大病院のように組織的に守ってくれる後ろ盾がありません。そこで、このようなネットの誹謗中傷でお困りでしたら、風評被害バスターズにご相談下さい。掲示板やブログなどになされた投稿の削除から投稿者の特定までが可能です。