サイバーストーカーとは、ネットを通じて特定の人物にしつこく付きまとうストーカー行為(ストーキング)をはたらく人物のことを指します。サイバーストーカーはネットが普及した頃から存在していましたが、TwitterやFacebook、LINEなど、SNSが普及したことによりサイバーストーカーは増加していると言われています。

SNSが普及したことにより、特定の人物がどこで何をしているのかが逐一わかることになりました。そして、そこからその人物の個人情報を特定しやすくなっています。これがサイバーストーカー増加の理由です。

SNSが普及する前のサイバーストーカーは大量のメールを送りつけるといった手口が主流でした。その場合には、メールアドレスを変更することで対処ができました。しかし現在ではメールアドレスを変更しても、LINEへ。LINEをブロックしてもTwitterへ、Facebookへ、さらにはSkypeへ、とメッセージを送り続けるなど、際限がありません。

さらに自分が嫌われていると判断すれば、SNSやブログ、掲示板などにストーカー行為を行っている相手の誹謗中傷内容を書き込んだり、個人情報をさらしたり、さらには出会い系サイトなどへ「なりすまし投稿」をしたりといった行為が行われる場合もあります。

サイバーストーカー行為は、好意を抱いている異性に対して行われるだけではありません。SNSやブログ、掲示板における発言に対する怨恨やトラブルなどで行われる場合もあります。

ストーカー行為には「ストーカー規制法」があるため、法律で取り締まりやすいと考えるかもしれません。しかしストーカー規制法は、特定の人物に対してリアルでつきまとったり、暴言を吐いたり、行動を監視したり、などといったことが規制の対象になります。

その点、ネット上だけでストーカー行為を行うサイバーストーカーは、ストーカー規制法の適用がしにくくなっています。しかも、嫌がらせ目的や考え方の違いから対立しているようなサイバーストーカーには、ストーカー規制法の要件を満たすこと自体が難しくなります。

風評被害バスターズではストーカー行為にも対応しています。サイバーストーカーによる被害に遭っていたら、お気軽にご相談下さい。