侮辱罪(ぶじょくざい)とは「人を侮辱する」ことにより科せられる罪のことです。 では、人を侮辱するだけで、侮辱罪に問われるかというとそうではありません。さらに二つの条件が加わることにより、侮辱罪が成立します。

まず、実際の侮辱罪の条文を見てみると、「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。」(刑法231条)と定められています。ここで「人を侮辱する」以外の条件らしき文言は「事実を摘示(テキシ)しなくても」と「公然と」の2つということが分かります。

では、「事実を摘示しなくても」と「公然と」はどういう意味なのでしょう。1つ目の「事実を摘示しなくても」という条件は、「具体的な指摘を伴わず」という事をあらわしています。ちなみにここで言うところの「事実」については、うそであろうが事実であろうがどちらでも構いません。

例えば、侮辱する言葉として、以下のA.B.があったとします。
 A.「あほ」
 B.「くそばばあ」

上記A.B.は、侮辱する言葉のみで、具体的な指摘は有りません。これに具体的な指摘を付加すると、
 C.「A男はB高校の受験に落ちたあほ」
 D.「C女はD店で万引きを繰り返すくそばばあ」
という感じになります。

ということから、具体的な指摘のない上記A.B.が侮辱罪に該当するということになります。では、具体的な指摘がある上記C.D.は何の罪にも問われないかというとそうではなく「侮辱罪」よりも重い「名誉棄損罪」という別の罪に問われます。

2つ目の「公然と」という条件は、「多数の人が認識できる状況で」という事を表しています。例えば、多くのお客で賑わっているお店などで侮辱的な言葉を浴びせられたなどはこれに該当します。

ちなみに一対一で侮辱された場合は侮辱罪は成立せず、民事にて違法行為で裁かれる可能性があります。ということで、侮辱罪とは「具体的な指摘を伴わず、多数の人が認識できる状況で、人を侮辱する」ことにより科せられる罪ということになります。

ネットの世界においても掲示板、ブログ、SNSなどを利用し、侮辱的な言葉で個人を攻撃している場面を目にする機会は多くなっています。特に掲示板においては匿名性という隠れ蓑を利用して面と向かっては言えないような暴言を書き込むことにブレーキがかからない環境にあり、個人的な恨みを持つ人の書き込みに便乗して何の関係も無い人々が煽る傾向にあります。

不特定多数の人々が見る可能性がある限り、そのような暴言を放置しておいては個人の信用を失うことにもなりかねません。ネットの誹謗中傷、投稿者の特定をお考えなら風評被害バスターズへご相談ください。