change job

転職口コミサイトに自社の名誉毀損・信用毀損する書き込みをされて悩んでいる経営者、人事担当者の方は少なくないと思います。

転職する際には口コミを利用して会社の良し悪しを判断することが当たり前となった現在では、悪い評判が書き込まれると人材獲得に大きな影響を及ぼします。

労働力不足により人材獲得競争が激化している中、転職口コミに事実に反することを書き込まれたら、優秀な社員の獲得が困難になるため企業は大きなダメージを受けます。転職口コミサイトに悪い情報を書き込まれたら適切な対応により書き込み削除対策をおこなう必要があります。

増える転職口コミサイト

活況な転職市場を反映してか、今では多くの転職口コミサイトが存在します。有名なサイトの名前をざっと挙げると「転職会議」「キャリコネ」「VORKERS」「会社の評判」などがありますが、業種専門の口コミサイトも合わせると相当な数にのぼるでしょう。

また、これらの口コミサイトとは別に「転職@2ch掲示板」のような2ちゃんねる内の企業に対する書き込みできる掲示板も人気が高いコンテンツです。(この掲示板は誹謗中傷のオンパレードです)

転職口コミ情報がいかに人気が高いか分かります。

クレーマーと化すブラック元社員

これらの転職口コミサイトに名誉毀損・信用毀損を書き込む人はどんな人でしょうか?多いのが元社員、現在働いている社員、アルバイト従業員、取引先社員などです。また、企業の商品・サービスに不満を持った人が書き込む例も少なくありません。

いずれも勤務した会社に恨みを持っている人で、悪い書き込みをすることにより世間の評価を落としたい、復讐したいというものです。また、中にはざまぁみろとばかりに愉快犯的に書き込みをする犯人もいます。いずれもクレーマーと言っていい元従業員、取引先の人間です。

【名誉毀損を書き込む心理】

・会社に損害を与えたい
・経営者の評判を貶めたい
・上司への鬱憤を晴らしたい
・転職・就職希望者に入社しないように促したい
etc

削除しない転職口コミサイトと企業側のトラブル

書き込みをする側は匿名で好き勝手なことを書けますが、書き込まれた企業にとっては転職者からの信用を損なう大きな問題です。事実無根の書き込みや明らかな権利侵害の書き込みならば、当然ながらそれを証明すれば削除してもらえるものと考えます。

しかし、転職口コミサイトのほとんどが削除に応じません。「書き込みをする権利」「表現の自由」「ユーザーの利益」という大義名分がありますが多くはユーザー数を増やすため、アクセス数を増やすためというビジネス的な観点からです。

しかし納得できないのは企業側です。そのため転職口コミサイトと企業の間で書き込み削除を巡って訴訟問題などトラブルが頻発しています。

【参考】:「転職会議」に信用毀損書き込み 運営会社に投稿者情報の開示命令 東京地裁/産経ニュース

訴訟をしないという選択

この問題では、企業側から転職会議へ、書き込みの削除要請を再三出したものの、対応してもらえませんでした。その不満から、転職会議に対して「投稿者のIPアドレス開示」、削除せずに掲載し続けたことへの「損害賠償請求」などが東京地裁に求められました。結果的に書き込みが事実と反するということから原告の勝訴となりましたので、結果は良かったかもしれません。

しかし、訴訟にかかった時間と費用、さらに精神的なストレスなどを考えると訴訟しないという合理的な選択もあったかと思います。つまり転職会議が削除に応じないなら、専門家に相談して書き込みを削除する。投稿者を特定するということです。

名誉毀損を素早く削除するなら専門家へ相談

口コミサイト、掲示板サイトなどは基本的に書き込み削除には応じません。名誉毀損を書き込まれた企業や名前を書き込まれた本人からの依頼であってもそうです。ですので、口コミサイト側に削除依頼を直接している間も被害は広がり続けています。

もし自社の誹謗中傷が書き込まれたと分かったらできるだけ早めに専門家に書き込み削除の相談をすることが適切な対応と言えます。