営業妨害とは、簡単に言うとお店や会社など商売(ビジネス)をおこなう人の「営業活動を妨害する行為」のことです。営業妨害も単なる嫌がらせ的なものもあれば、刑事事件に発展するようなケースもあります。営業妨害では、大きく偽計業務妨害と威力業務妨害に分類され、共に刑法第233条: 234条に規定では3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

偽計業務妨害とは、嘘の風説を流したり偽計によって業務を妨害することで具体的には以下の様な行為があります。

 ・商品や店舗について悪評をネットに書き込んだりビラなどで配布する
 ・大量の注文をし頼んでいないお家に届けさせる
 ・お店に無言電話を短期間の間に何度もかける
 ・お店の商品に異物(針や昆虫など)を混入させる

また、威力業務妨害とは暴力や脅迫など有形・無形の圧力で業務を妨害する行為です。最近ネットの掲示板に犯罪予告が書き込まれる事件が起きていますが、これも威力業務妨害にあたります。

こちらも具体的なケースとして以下の様な事例があります。

 ・店舗などで言いがかりをつけ店員に絡んで暴言を吐いたり暴力を振るったりする
 ・飲食店などで虫や汚物を撒き散らす
 ・企業や施設へネットや電話などで爆弾予告

このような営業妨害をする理由としては「個人的な憂さ晴らし」、「お店や会社の対応への不満」、「同業他社を陥れるため」、「内部告発」など様々なケースがあります。ネット社会の現代においては、掲示板・SNS・ブログなどは匿名で気軽に書き込んだり、アカウントも身分証明なしですぐに開設できるため営業妨害がおこなえる環境は十分揃っていると言えます。

過度な「お店への誹謗中傷」、「会社の秘密情報の暴露」などがネット上に書き込まれたら、それは悪意を持った第三者が営業妨害目的に書き込んでいる可能性が高いでしょう。書き込まれた側は営業妨害を放置していても損をするばかりです。売上低下、信用低下などの被害が拡大する前に、書き込まれた記事の削除と書き込んだ犯人を特定することが適切な処置と言えます。

ネットの営業妨害、投稿者の特定をお考えなら風評被害バスターズへご相談ください。