工務店誹謗中傷

複数の専門工事業者(大工職、とび職、左官工、板金工、電気業者、水道業者、内装業者などの主に職人たち)をマネジメントし、住宅の工事全体を管理することによって、総合的な工事を請け負う建設業者のことを工務店と言います。

ほとんどの工務店は、特定のエリアに限定して営業を行っている地域密着型の会社です。そのため、地元での評判が会社の存続問題に直結することから、施工やアフターサービスなどをきめ細やかに対応してくれるのがポイントと言えます。かつては「大工」がすべての責任を持って家を建てていたものが、現代では工務店へと進化したと考えると早いでしょう。

通常の場合、家を建てるということは、その人にとって人生で最大の買物です。そのため、家具や電化製品などを買うのと異なり、費用も高額になります。そこで施主側としては、些細なことでもクレームを出したい場面が出てくると思います。そのときに、もちろん工務店側に否があるのであれば、真摯にそのクレームを受けとめなければなりません。

ただし、クレームをその都度、工務店側に伝えてくる施主は良い施主だと言えます。そのクレームに対しては、その都度、誠心誠意対応していけば、大きな問題になることはありません。

しかしそうではなく、細かい不満があってもクレームとして工務店には伝えず、そのようなことが積み重なっていくことで工務店に不信感を抱き、掲示板やブログなどにクレーム内容を事細かに書き込むといった場合もあります。

家を建てるときは誰しも慎重になるので、工務店選びをするのにも細かくチェックしていくことになります。そして、今はそんなときにネットを利用することが多いですから、もし当該工務店に対する誹謗中傷の書き込みがあればすぐに目に付いてしまいます。

このような誹謗中傷の書き込みは風評被害となって当該工務店に対する信用が失墜し、依頼客数の減少や経営の悪化につながる恐れがあります。

そこで、当該工務店に対する掲示板やブログなどのクレームや悪評は、早めに削除しないと経営問題にまで発展する、大きな損失となる可能性が高いと言えるでしょう。

このような口コミサイトや掲示板、ブログなどの書き込み削除をお考えの工務店の方は、風評被害バスターズのような専門業者に相談をしましょう。風評被害バスターズなら、最短1日程度で書き込みを削除することが可能ですので、早めの対応をお勧めします。

e戸建の工務店口コミ削除依頼はこちら