black comapany

貴社が掲示版にブラック企業と誹謗中傷の投稿をされたなら風評被害バスターズが素早く削除します。

掲示板でブラック企業扱いされて名誉毀損の被害を受けていませんか。

トラブルを起こして不動産会社を辞めた元社員が2ちゃんねるに投稿した風評被害を削除した事例をご紹介します。

不動産会社の総務ご担当者様からの相談によると、辞めた社員と思われる人間が2ちゃんねるにスレッドを立てて会社の誹謗中傷や風評被害を毎日投稿しているということでした。そのため、2ちゃんねるのスレッド・投稿削除ができないかというご相談でした。

書き込まれている内容を見ると、社内事情に詳しく上司や社長の名前も出てくるため、トラブルを起こして辞めた社員なのはほぼ間違いないということでした。書き込みには、「◯◯株式会社は残業代や休日出勤代を払わないブラック企業」、「社長の◯◯は仕事はそっちのけでゴルフと夜のクラブ通い」、「社員の◯◯は消費者金融に300万円の借金があり自己破産寸前」、「◯◯株式会社の見積りは高く設計図面の使い回しばかり」など、誹謗中傷、プライバシー侵害を毎日のように投稿しているようでした。

そこに書かれている投稿は、実際にあたっている面はあるものの、面白おかしく尾ひれをつけて書かれてあったり、まったくのデタラメや営業妨害となりうる内容が書き込まれていました。

このような書き込みを取引先に見られると大きなダメージを受けるということや、働く社員の動揺を避けたい、またブラック企業と書かれたことでリクルート活動に影響するということで、何とか早期に削除できないかというご依頼でした。

担当者様いわく迅速な対応をして欲しいということでしたので、当社スタッフがすぐに削除対応をおこない約2日ほどで削除は完了しました。

また、ご担当者様からの話しでは投稿者の特定はできているものの、証拠が欲しいということで書き込み投稿者の特定業務もご依頼頂き合わせて対応しました。会社としては法的手段は考えていないものの、2度とこのようなネット上の書き込みをしないように、誓約書を書かせたいということでした。

こちらの業務はIPアドレスからプロバイダーを特定し情報開示請求の手続きをおこなっていきますので少し時間がかかりましたが、投稿者の特定ができましたが、案の定、辞めた元社員が犯人でした。ご担当者様は、これで会社の風評被害が沈静化できるということで大変喜こばれました。

風評被害バスターズでは、このように2ちゃんねるの投稿・スレッド削除から、投稿者の特定までトータルに風評被害のサポートをおこなっています。お電話、メールからお気軽にご相談下さい。