ブラック企業とは、従業員に対して劣悪な環境の労働を強いる企業のことを言います。

劣悪な環境とは、法令違反の長時間労働やサービス残業、従業員一人に対する過重な責任、合意を得ない転勤命令などがあります。またそれだけでなく、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどで精神的に追い込むことも含んでいます。

日本には元々ブラック的な体質を持つ企業は多く存在していましたが、黒井勇人氏がネット上の掲示板に書き込んだ『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』が「ブラック企業」という言葉を広めるきっかけとなったと言われています。

後にこの書き込みがコミックや映画になったほか、従業員が過労自殺したことを「会社側の責任」と大手飲食チェーンが認めたことなどにより、この言葉の認知度が高まりました。さらに2013年には、「ユーキャン新語・流行語大賞」ではトップテンにも選ばれたことで、今では一般用語とされています。

そして近年、ネット上にブラック企業の情報がまん延するようになりました。そこでもしブラック企業だった場合には、企業名による検索や求人サイトなどの口コミで大量のブラック企業情報が見つかるようになっています。

しかし、ネット上のブラック企業情報には、個人の主観によるものも多くあります。たとえば、企業側に落ち度は無いのに、従業員の個人的な怨恨や当人の能力不足に起因するような書き込みがそれに当たります。

このようなブラック企業情報が一人歩きし始めると、それが事実で無くとも、企業のイメージダウンや信用力の低下、ひいては売上ダウンや求人活動への悪影響などつながる恐れがあります。

このようなお悩みを持っているのでしたら、ネットの風評被害対策や誹謗中傷対策に実績を持つ当社のサービスをご利用下さい。